Unravel Two 今度は2人で!毛糸人形、大自然を往く【レビュー】

ゲームレビュー
ゲームレビュー

こんにちは、ちゃぶ台です。

今回は Unravel Two という 2D アクションゲームを紹介します。以前紹介したUnravel の続編で、世界観や操作感はほとんど同じなのでまずは、こちらを読んでおくことをお勧めします。前作と違い、2人の人形を動かすため2人での協力プレイを推奨します!相変わらず、実写のような綺麗なグラフィックなので、お勧めできる作品です。

それでは早速紹介していきます!

概要

タイトルUnravel Two
対応機種PS4, Steam, Nintendo Switch
価格1,980円(PS4), 2,000円(Steam), 3,024円(Switch)
プレイ人数1-2人
言語日本語対応
ジャンル2D アクションパズルゲーム
開発元 / 発売元Coldwood Interactive / Electronic Arts
一言前作から引き続きプレイしていると、颯爽と繰り出される壁ジャンプにやや違和感があり、ちょっと笑ってしまいました。

ストーリー

何故か大海原を漂流していた赤色のヤーニー。大きな灯台のある島に漂流し、そこで青色のヤーニーと出会います。彼らは互いの糸を繋ぎ合い、2人で灯台の中を探索するのでした。彼らを先導する謎の光は彼らにどんな景色を見せてくれるのでしょうか。

こんなゲーム

サイドビュー形式の 2D アクションゲームです。毛糸の体のヤーニーを操作して、計 7 個のメインステージをクリアすることが目的となります。操作は移動・(壁)ジャンプ・自分の毛糸を手繰り寄せる、毛糸を投げる、毛糸を結ぶです。

前回は赤いヤーニー1人で様々な世界を探検していましたが、今回は赤色と青色の2人のヤーニーが一緒に探検を行います。2人のヤーニーは1つの糸で繋がっており、2人で共に進んでいきます。2人で1キャラずつ操作することも、1人で2キャラ操作することも可能です。

光の輪を潜ると冒険の始まり。

前作ではヤーニーはスタート地点から糸を通り道に落としながら進んでいたため、途中で糸を補給しながら進んでいく必要がありましたが、本作では2人は糸でつながっており、糸を落とさないので、糸の補給は不要です。その分、2人の距離が離れすぎてしまうと、2人の糸が無くなり、進めなくなってしまうので、2人で離れすぎずに進んでいく必要があります。

二人の糸が伸びきってしまうと進めなくなってしまうので、戻って糸のもつれをほどく必要がある。

基本的に操作は前作と変わりませんが、1人が高台で糸を手繰り寄せて固定している間に、もう1人が糸を登って同じ足場に登ったり、ターザンの要領で反動をつけて大ジャンプすることができます。

1人が糸を固定して、もう一人がターザンジャンプで大ジャンプ!

また、2人はいつでも合体することができ、1つのヤーニーになることができます。1人プレイで遊んでいる時にアクション重視のシーンを乗り切る時や、アクションゲームが苦手な人が合体して上手い人の操作でクリアしてもらう時などに使用することが可能です。

合体しても大きさは変わらずですねw分離もいつでもできます。

1人がミスしてしまったらその場でやり直しとなりますが、セーブポイントが多数用意されているのでストレスはほとんど感じませんでした。全 7 ステージが用意されており、1ステージは 30 – 45 分程度で完結します。エンディングまでは 6 時間程度とやや短めでしたが、数分程度でクリアできるショートマップと各ステージ内でノーミスクリアや隠し要素発見のやりこみ要素が用意されています。

ショートステージはアクション要素がかなり難しい

また、キャラクターの配色変更・エモートの表現など、一部機能が追加されました。協力プレイにもってこいの機能なので使いこなすとマルチプレイをより楽しめると思います。

おすすめポイント

・冒険を意識した作風

前作同様、渓流や工場、公園や洞窟など、現実世界と見間違えるレベルの綺麗な世界を冒険します。動植物の動きはリアルで色合いや光の当たり方も綺麗なので、探索して風景を見ているだけで非常に楽しいです。私たちがよく目にする物も、ギミックとして先に進むために意外な方法で活用できたり、逆に危険なトラップとして立ちはだかることもあり、どこか新鮮味を感じます。

夜の公園ってちょっとワクワクしますよね。
野鳥に追いかけられることも。

パズルに打ち込むシーン、のびのびと辺り一面を探索するシーン、突然の脅威が降りかかりハラハラさせられるシーンなど、各シーンの緩急のつけ方が上手く、全体を通して非常に楽しめました。

・2人協力プレイに対応

本作はローカルマルチ、Remote Play Together(Steam 限定) に対応しており、2人でそれぞれのヤーニーを操作することができます。Remote Play Together ではホスト側がソフトを購入することで、ゲスト側は参加する端末があればソフト無しで参加することが可能です。
//PS4 / Nintendo Switch はオンラインコープに対応していないので予めご注意ください。

パズルは数分考えたら解けるレベルで全体的に簡単ですが、アクションは連続のターザンジャンプや壁ジャンプを要求されるシーンが多数あるため、アクションゲームの苦手な人には向いていないかもしれません。

このゲームに向いている人・向いていない人

こんな人におすすめ

・2人用の協力用ゲームを探している人
綺麗なグラフィックに癒されたい人

タイミングを合わせて移動したり、1人がもう1人を引き上げたりするような協力プレイを行う点が多く、常にプレイヤー同士の会話が発生します。プレイヤー間で揉めるような要素も無く、様々な困難を乗り越えて更に友情が深まる作品なので、2人用の協力プレイ作品を求めている人にはもってこいの作品だと思います。また、グラフィックの綺麗さは随一なので、綺麗なグラフィックを楽しみたい人にもお勧めです。

一方で、以下の人にはおすすめできないです

・1人でのプレイを予定している人
ストーリー性、コスパを求める人

1人プレイでの攻略は可能ですが、2つのキャラクターを交互に操るシーンが多く、非常に手間がかかります。テンポがかなり悪くなるので、できるだけ2人でのプレイをお勧めします。また、グラフィックが綺麗で迫力は満点ですが、ボリュームは短くコスパはやや低いように思いました。定期的にセールが開催されるのでセール中の購入をお勧めします。

ここに注意!

Steam 版の場合、Origin client というサードパーティー製品のクライアントソフトの導入、会員登録(無料)が必要となります。面倒に感じる人は PS4・Switch 版で遊んでもよいかもしれません。

Unravel1 と同様に各ステージがかなり長めで、初見プレイでは 30 分程度クリアに要します。定期的にチェックポイントは設けられていますが、チェックポイントを選んで自由に再開することができず、収集要素を探すときも最初からのプレイを強いられます。どの辺に隠されているかもわからないため、探すのがかなり手間となる点が少し気になりました。

チュートリアルステージでヒントを見ないと先に進めないシーンがあります。ヒントに頼りたくない人も “○○ボタンでヒントを確認します” というシーンが発生したらヒントを確認してみましょう。

敵の炎の妖精(?)が若干世界観にあっていないような気もしました。シーンに併せて敵の動物を出してくれるとなお良かったかなと感じました。

類似のゲーム

Unravel・・・本作の前作。1人プレイ専用作品なのでご注意ください。紹介はこちら
Biped・・・同じく2人で協力して進んでいく作品。いずれ紹介予定。
Ibb & Obb・・・2人専用の協力パズル&アクションゲーム。いずれ紹介予定。

総括

サイドビュー形式の 2D アクション+パズルゲームです。前作までとは違い、2P プレイを強く意識した作品になっていますが、合体・糸の手繰り寄せですぐに合流できる要素から初心者でも楽しみやすい作品になっています。若干ゲーム性は1と異なりますが、前作同様のグラフィックの綺麗さ、小人として様々な所を冒険する楽しさは健在なので気になった人は是非遊んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました