Unravel 毛糸人形、大自然を往く【レビュー】

ゲームレビュー
ゲームレビュー

こんにちは、ちゃぶ台です。

今回は Unravel という 2D アクションを紹介します。毛糸人間のヤーニーが様々な写真の世界を旅して思い出をかき集めるパズルアクションです。現実と見間違えるほどの綺麗なグラフィックと物腰柔らかな雰囲気が特徴です。子供から大人まで誰でも楽しむことができる作品なので、落ち着いた雰囲気に癒されたい人や童心に戻って様々な所を探検したい人は是非読んでみてください!

それでは早速紹介していきます!

概要

タイトルUnravel
対応機種Steam, PS4
価格2,000円 (Steam) 1,980円 (PS4)
プレイ人数1人
言語日本語対応
ジャンル2D アクション, パズルゲーム
開発元 / 発売元Coldwood Interactive / Electronic Arts
一言なんとなく童謡の 故郷 を思い出すゲームでした。
どっちかというと追われる側ですが・・・

ストーリー

ストーリーはかなり不明瞭なのですが、毛糸で体ができたヤーニーがおばあさんの家に飾ってある様々な写真の世界に入って思い出を体験(?)します。思い出の中で集めた思い出の欠片を現実のアルバムに飾っていくことが目的の様です。

こんなゲーム

サイドビュー形式の 2D パズルアクションで、毛糸の体のヤーニーを操作して、計 10 個のステージをクリアすることが目的となります。各ステージは基本的に1本道でステージの最奥に配置されている思い出の欠片(ボタン)をゲットするとクリアとなります。

想い出の欠片は様々な所に配置されています

操作は移動、ジャンプ、自分の毛糸を手繰り寄せる、毛糸を投げる、アイテムを押す等があります。ヤーニーは前進する際は常に自身の体の毛糸をほどきながら進んでいきます。

前進するときは常に毛糸を垂らしながら進んでいく。
高所から落ちてしまってもヤーニーの体から伸びる毛糸を伝うことで戻ることが可能。

ヤーニーは自身の体の毛糸を常にほどきながら、通り道に毛糸を残しながら歩いていくため、前に進めば進むほど、毛糸の量が少なくなっていきます。ある程度進むと身体の毛糸が無くなってしまうため、道中に配置されている毛糸を補給して進んでいく必要があります。毛糸が切れてしまい、先に進めなくなってしまった場合には、一度元来た道を戻って使った毛糸を回収します。先に進むにはどこかに隠されている毛糸を補給する必要があるため、毛糸の補給が可能なルートを探すこととなります。

毛糸を使いすぎると前に進めなくなるため、一度戻ってどこかで毛糸を補給する必要がある。

ステージ内には様々な所に毛糸のリングが用意されています。毛糸を投げることで、毛糸が自動的にリングに引っ掛かり、毛糸に登ったりターザンのように勢いをつけてジャンプすることが可能となります。ジャンプしながら次のリングに毛糸を投げて連続でジャンプしたり、タイミングよく対岸に飛び移る等アクション要素が重視になることもあります。

リングに毛糸の輪を投げると自動的に絡まって登ったり、長距離のジャンプに使用可能。

また、毛糸のリングには結び目をつけることが可能です。結び目をつけることで、毛糸ごとアイテムを引っ張ったり、アイテムを固定したり、結び目の間に張った毛糸をトランポリンのように使って高所にジャンプすることができます。パズル内で結び目を作る順番などでアイテムの動きが異なる場合もあるため、時には物理法則に基づいて解法を考える必要があります。

2つの結び目の間のピンと張った毛糸で大ジャンプ

残機や時間制限の概念はありませんが、敵に攻撃されたり、高所から落ちたり、水に溺れたりするとミスとなり、直前のチェックポイントから再開します。時間制限などは無く、チェックポイントはこまめに用意されているので気軽にミスできます。

各ステージには隠し要素としていくつかのボタンが用意されています。各ステージの入り口で何個隠されているか、何個取得したかを確認することが可能です。場所がわかっても取る方法がわからないといったことも多いため、良く設計されていると感じました。

結構やらしい位置に隠されていますw

エンディングまでは6時間弱で到達しました。収集要素は半分くらいしか埋まっていないためこれから回収してこようと思います。

おすすめポイント

・楽しみやすい雰囲気とシステム

見ての通り、実写を疑うレベルの綺麗さです。家の中、海、森、洞窟、工場など様々な所が舞台となり、探検するだけで楽しいです。ビニール袋に掴まって風に流されたり、イカダに乗ったり、動物に襲われるなど様々な事件が発生し、まさに大冒険といった感じです。BGM についても軽やかなものから重苦しいものまで、各シーンにマッチしたものが用意されており、映画の主人公のような気分になります。

ボートに乗ったり
大空を舞ったり。

こちらは廃れた駅が舞台。

難易度も全体的に丁度いいレベルで、アクション・パズルの双方でちょっとリトライしたり考えることで進めるような程度に収まっています。基本は一本道ですが、複数のルートや解法が用意されているシーンもあり、遊ぶたびに発見があるところも高評価でした。

このゲームに向いている人・向いていない人

こんな人におすすめ

・綺麗なグラフィックに癒されたい人
・家族や友人とのんびりプレイを楽しみたい人

綺麗な雰囲気の中での大冒険は心が洗われる感じがします。澄み渡る川や紅葉の綺麗な山から害虫ひしめく工場まで様々な所を冒険することができ、子供の時の思い出が蘇るような気がしましたw

そのため、冒険が好きな人や幼少時代に様々な所を冒険した人にはハマる作品かもしれません。また、難易度・雰囲気的に家族や友人とのプレイにも向いている作品だと思います。

一方で、以下の人にはおすすめできないです

高難易度のパズル、アクションを求める人
・ストーリー性を求める人

難易度的にはかなり簡単で、1つの場所で 5 分以上詰まることはほぼありませんでした。難易度高めのパズル、アクション要素を求める人には向いていないかもしれません。また、開幕からすごくいい話が始まりそうなムービーでスタートするのですが、ストーリーについての掘り下げはあまり無いため、ストーリーに期待している人にはお勧めできないかもしれません。

ここに注意!

Steam 版の場合、Origin client というサードパーティー製品のクライアントソフトの導入、会員登録(無料)が必要となります。やや手間なので PS4 版で遊んでもよいかもしれません。

各ステージがかなり長めで、初見プレイでは 30 分程度クリアに要します。定期的にチェックポイントは設けられていますが、チェックポイントを選んで自由に再開することができず、収集要素を探すときも1からのプレイを強いられます。どの辺に隠されているかもわからないため、探すのがかなり手間となる点が少し気になりました。

類似のゲーム

Unravel2・・・本作の続編で正統進化した作品、協力プレイにも対応。
毛糸のカービィ・・・もっと柔らかな作品ですがゲーム性はそこそこ似ています。半分はヤーニーとカービィの語呂から選びました。

総括

毛糸人間のヤーニーを操って、写真の中の思い出を探索するパズルアクションゲームです。綺麗なグラフィックによる様々な舞台が表現されており、探索していて非常に楽しい作品になっています。アクション・パズルの難易度が程よく簡単で雰囲気も良好なため、子供から大人まで楽しむことができる作品だと思います。

全体的なクオリティはかなり高い作品なので気になった人は是非遊んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました