ドット絵

ドット絵調のゲームに追加するタグ

ゲームレビュー

UNSIGHTED 人間達との全面戦争!【レビュー】

今回は UNSIGHTED という 2D アクションの紹介を行います。人間達に開発されたオートマトン達が生存をかけて人間達と戦うという特徴的なストーリーの2Dアクションです。ゼルダの伝説のようにアイテムを用いて駆使して冒険する楽しさと時間制限に追われる忙しさが特徴的なメトロイドヴァニア作品なので、2D アクション好きにはお勧めできる作品です。
ゲームレビュー

Blasphemous その奇蹟は救済?それとも破滅?【レビュー】

今回は Blasphemous というサイドビュー形式の 2D アクションの紹介を行います。ダークファンタジーのメトロイドヴァニア形式の作品で、Blasphemous(冒涜的)という名が示す通り、おどろおどろしい宗教的な世界観と綺麗なグラフィックが特徴の作品です。見た目も中身も強烈な作品に仕上がっており、お勧めの作品なので気になった人は是非遊んでみてください。
ゲームレビュー

Undertale ケツイがみなぎる衝撃の RPG!【レビュー】

今回は Undertale というアドベンチャーゲームの紹介を行います。既に様々な所で紹介されている超有名作品ですが、シナリオ・ゲームシステムの双方が非常に斬新・ハイクオリティで、遊んだ後の満足感がたまらないおすすめの一本なので、気になった人は是非遊んでみてください。
ゲームレビュー

Death Road to Canada 地獄のアメリカ横断旅行【レビュー】

今回は Death Road to Canada という 2D アクションのローグライクを紹介します。ゾンビで溢れかえったアメリカを横断し、安全であると謳われているカナダを目指して走り続ける作品です。多数のイベントやキャラクターが用意されている隠れた名作で、何度でも楽しめる作品になっているので気になった人は是非遊んでみてください!
ゲームレビュー

Flynn: Son of Crimson 剣と魔法の王道2Dアクション!【レビュー】

今回は Flynn: Son of Crimson という 2D アクションの紹介を行います。綺麗なドット絵と複数の武器・魔法を切り替えながら先に進んでいくアクションが楽しい作品です。アクション要素はやや独自性が欠けているようにも感じますが、手堅くまとまった作品で、目立った欠点も見つからないお手本のような作品なので、2D アクションが好きな人は是非覗いてみてください。
ゲームレビュー

Nuclear Throne 核の力で突然変異!【レビュー】

今回は Nuclear Throne というローグライク 2D シューティングを紹介します。 非常にシンプルなゲームシステムながら、豊富な武器やキャラクター、成長要素によりやり込みがいがある作品です。高難易度ですが1周20分程度と短時間でクリア可能なので、リトライ性、中毒性が高くローグライクが好きな人にはお勧めできると思います。
ゲームレビュー

Please, Don’t Touch Anything 想像力の限界の先へ!【レビュー】

今回は Please, Don’t Touch Anything というポイント&クリックのパズルゲームを紹介します。同僚から絶対に押すなと言われたボタンを押して、様々な結末を見守るパズルゲームです。予想の斜め上をいく展開とひねくれた謎が多数待ち受ける問題作となっているので、簡単なゲームに飽きてしまった人にはお勧めできる作品です。
ゲームレビュー

Streets of Rogue 暴力と金で全てを掴みとれ!【レビュー】

今回は Streets of Rogue という 2D アクション・ローグライクゲームの紹介を行います。権力を盾に独裁政治を続ける市長に正義の鉄槌を下すバイオレンスアクションです。自由度の高さとジョブの多さがウリで、ローグライクらしくシングル/マルチプレイで何度も遊べる作品に仕上がっているのでお勧めできる作品です。
ゲームレビュー

Double Kick Heroes ドラムでゾンビを返り討ち【レビュー】

今回は Double Kick Heroes という音ゲー× STG 形式のゲームを紹介します。ヘビーメタル・ハードロックな音楽に合わせて、ゾンビを駆逐していくタイプの音ゲーです。通常の音ゲーとは違った忙しさ、複雑さを持つ作品なので、一風変わった音ゲーを楽しみたい人ヘヴィメタが好きな人にはお勧めできる作品だと思います。
ゲームレビュー

Dungeon Warfare2 怒涛の攻勢をジューシィな血肉に!【レビュー】

今回は Dungeon Warfare 2 というタワーディフェンスのゲームを紹介します。多数の敵を倒しまくる爽快感溢れる作品ですが、以前紹介した前作にあたる Dungeon Warfare とはややゲームシステムが異なるので注意が必要です。前作との比較を基準に記載していくのでまずは 1 の紹介記事に目を通しておくことをお勧めします。
タイトルとURLをコピーしました