Silence 黄泉の世界で大冒険!【レビュー】

ゲームレビュー
ゲームレビュー

こんにちは、ちゃぶ台です。

今回は Silence というポイント&クリックのパズルゲームの紹介を行います。ノアとレニーの兄妹を操り、生と死の狭間であるサイレンスという世界を冒険し、謎を解き明かします。ストーリーとグラフック重視の作品で、楽しさや切なさを感じることができる王道展開を、綺麗なアニメーションで楽しむことができます。ファンタジー系の作品が好きな人にはお勧めできる作品なので気になった人は是非ご確認ください!

それでは早速紹介していきます。

概要

タイトルSilence
対応機種PC, PS4, Nintendo Switch
価格2,680円(Steam), 3,035円(PS4), 2,390円(Switch)
プレイ人数1人
言語日本語対応
ジャンルパズルゲーム
開発元 / 発売元Daedalic Entertainment / Daedalic Entertainment
一言なんとなく火垂るの墓をイメージしてました(全然違う内容)

ストーリー

戦争の真っ只中。空襲により、16歳の少年ノアと妹のレニーが防空壕へ逃げ込んだ。そこは、二人を死の爆撃から守るための防空壕だけではなく、生と死の狭間にある世界への入り口でもあった。その世界の名は…サイレンス。レニーがサイレンスに迷い込んだ時、ノアは妹を探すために美しくも恐ろしいその世界へと足を踏み入れた。しかし、サイレンスもまた、戦争と苦悩の傷跡を持つ世界であった。平穏だったサイレンスと各地にある街は、暗闇の魔物による攻撃を受けていた。ごく少人数の反乱軍のみが、脅威に立ち向かっていた。サイレンスとその住人達の運命は、ノアとレニーの二人にかかっている。世界を救うことで、彼ら自身も助かるのだ。ノアとレニーと一緒にサイレンスの世界を冒険し、平穏と危険が対照を成す魅力的な物語を体験しよう。サイレンスを旅する途中、二人を手助けする魔法の青虫「スポット」をはじめとした、友好的なキャラクター達との出会い。そして、ノアとレニーが互いを想い、助け合いながら生き延びる様を目撃しよう。

左がレニー、右がノア

こんなゲーム

ポイント&クリック形式で進んでいくアドベンチャーゲームです。主人公のノアとレニーを操り、サイレンスという世界の冒険を行います。3つのチャプターで構成されており、基本操作はクリックのみで、気になるところをクリックすることで調べたりアクションを行うことができます。レニーとノアがストーリー上、別の場所にいる時は自動で視点が切り替わったり、手動で視点を切り替えることができます。

インタラクトできるところはヒントから常に確認することができる。(OFF にすることもできます)
パズルを解いていくことでストーリーが進んでいきます。

ノアとレニーの冒険をスポットという不思議な生物が手伝ってくれます。プレイヤーはスポットの体を摘んでで平らにしたり、体を引っ張って膨らませることができます。この状態で目的の場所にクリックしてアクションすることで、ギミックを動かしたり、他のキャラクターに影響を与えることができます。

スポットの体をクリックしたまま下方向にドラッグすると平らに、上方向にドラッグすると丸くすることができる

体を伸ばして穴や崖にスポットを移動させることで橋にすることができる(左)
体を丸めて高い所から降りるときのクッションにすることができる(右)

ストーリーでは一部選択肢が発生します。ストーリーの大筋に変化はありませんが、選んだ選択肢によってその先の展開にわずかな変化が発生したり、実績を獲得することができます。

出会ったNPCと対立することもできます。

一部 QTE(クイックタイムイベント)が用意されており、時間内に特定のアクション(クリックする・マウスカーソルを動かす)をこなすという要素もあります。難易度は簡単なので、よそ見せずにプレイしていたら誰でもクリア可能だと思います。

マウスカーソルを動かしてバランスを取る

また、パズルゲームと別に簡単なミニゲームも2-3個用意されています。こちらも難易度は簡単ですがスキップすることも可能なので、好みで遊ぶことができます。

5人のキャラクターの体重を考慮しながら、橋が崩れないように全員を対岸に渡すゲーム

ストーリーはマルチエンディング制で、一週は 5 – 8 時間程度でクリア可能です。やりこみ要素は少なめですが、隠し要素を見つける・途中のミニゲームを特定の条件でクリアする・全てのエンディングを迎えるといった多数の実績が用意されています。

おすすめポイント

・映画を彷彿とさせる作品

(個人的な偏見ですが)ストーリーはハリーポッターやナルニア国物語といった作品に近い雰囲気を感じ取りました。構成は起承転結が上手くまとまっており、ファンタジー系の王道な展開なため、万人受けしやすいです。

可愛らしいキャラクターや不思議なオブジェクトを調べる点も楽しめましたが、怪しげなキノコを舐めまくってバッドトリップしたり、村にいるいたずらっ子に風船をプレゼントしたら水風船にして投げ返されたりと、ブラックなユーモアのアクセントも含まれていて笑えました。

どこかで見たことがあるようなデザインに窘められるレニー

勿論、ストーリー後半は衝撃の展開に驚かされたり、もの悲しい展開に切なさを感じたり、2人の兄妹愛を感じてほっこりしたりと様々な感想を抱かせてくれました。

また、神秘的・不思議な雰囲気のサイレンスの世界が綺麗なビジュアル・アニメーションで表現されており、ストーリーを盛り上げてくれます。ファンタジー系の王道ストーリー×美しいビジュアルの相乗効果でクリアした時には、映画を見終わった時のような満足感を得ることができました。

オブジェクトの描き込みや色使いがとても凝っています。

このゲームに向いている人・向いていない人

こんな人におすすめ

・ファンタジー系のストーリーが好きな人
・難しすぎない難易度の謎解きを楽しみたい人

ファンタジー系のストーリーで展開は王道、ビジュアルも綺麗な作品なので、大人から子供まで楽しめると思います。また、クリックできるポイントやキャラクターが取れる行動のバリエーションが少ないため、難易度は簡単です。ヒント機能も用意されているため、パズルゲームが苦手な人でも楽しむことができると思います。

一方で、以下の人にはおすすめできないです

・サクサクと攻略を楽しみたい人
高コスパの作品を求める人

本作ですが、非常にテンポが悪いです。謎解き中に他のマップに移動することが多いのですが、移動するたびにロードが入り、SSD でも 5 – 20 秒程度一時的に中断されます。また、クリックした際にも、キャラクターの移動や行動のアニメーションが入って逐一結果を見なければならないため、かなり時間がかかるため、テンポよく謎解きを楽しみたい人にはお勧めできないかもしれません。
また、プレイ時間のわりに定価の2,680円は割高だと感じました。アンロック要素は多数ありますが、何周も楽しめる作品かと言われると微妙なので、長時間のプレイを楽しみたい人にはお勧めできないと思います。

ここに注意!

選択肢が多数発生しますが、多くの選択肢は直後の言動・展開少しが変わるだけでストーリーに影響がある部分は殆ど少ないので要注意です。

既定の設定では日本語字幕がオフになっているので設定画面から変更してあげましょう。

類似のゲーム

The Whispered World・・・後から知ったのですが、ストーリー上本作の前作品にあたるようです。知らなくても本作は楽しめるかと思います。

総括

ストーリー重視のポイント&クリック形式のパズルゲームです。ノアとレニーを操り、サイレンスの世界の探索を行い世界の謎を解き明かします。滑らかで美しいアニメーションと、笑いあり、涙ありの王道ファンタジー展開で、映画を見終わった後の満足感を感じることができました。

ロードに時間がかかる点とボリュームのわりにやや価格が高い点が気になりましたが、パズルゲームとしては難易度は控えめで、キャラクターが可愛らしいので、万人受けするタイプの作品だと思います。ファンタジー系のストーリーが好きな人は是非遊んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました