Owlboy 大空へ Fly away!!【レビュー】

ゲームレビュー
ゲームレビュー

こんにちは、ちゃぶ台です。

今回は Owlboy という 2D アクションゲームを紹介します。落ちこぼれのフクロウが自分の村・仲間・世界を守るために戦う物語です。非常に綺麗なグラフィックと飛行要素を備えた独特なシステムが特徴的な作品です。開発に10年以上費やしたとのことで、非常に骨太な作品になっています!

それでは早速紹介していきます!

概要

タイトルOwlboy
対応機種Steam, Nintendo Switch, PS4
価格2,480円(Steam), 2,700円(Switch), 2,750円(PS4)
プレイ人数1人
言語日本語対応
ジャンル2D アクション
開発元 / 発売元D-Pad Studio / D-Pad Studio
一言プレイ中何度も 翼をください が脳内で再生されました。

ストーリー

口のきけない主人公オータスは、師匠のアシオのもと、フクロウ族の期待に応えようと懸命に努力をつづけていた。そんなある日、平和な村に突如として大空を駆ける海賊が出現。事態は風雲急を告げる。

村を救うべく親友のゲディと旅立ったオータスは、怪物の巣くう廃墟を抜け、出会いや別れを繰り返しながら危機を乗り越え、成長していく。そしてこの世界に隠された真実と、フクロウ族の背負う重荷の意味を知ることになるのだった……。

(Steam Store より)

こんなゲーム

サイドビュー形式の 2D アクションゲームです。声を失ったフクロウの少年、オータスを操り、突如現れた海賊たちから村を守るために戦います。操作は、移動・ジャンプ(羽ばたき)・スピン(攻撃)・ダッシュ・掴む / 離す・仲間の変更とやや複雑です。

オータスは羽ばたくことで、どこでも空を自由に飛ぶことができます。
移動は勿論、敵の攻撃の回避やこちらの攻撃等も空中での行動が基本となります。

アイテムを掴んで投げたり、食べることで回復することが可能。

オータスは仲間のキャラクターを掴んで飛ぶことで、飛びながら仲間の特殊アクションを使うことができます。仲間は複数人いますが、掴めるのは常に一人で、いつでも他の仲間に交代することができます。仲間を投げたり、仲間の特殊アクションを用いて敵に攻撃をすることができます。
オータスの攻撃は近接攻撃のスピンしかありませんが、仲間の攻撃は遠距離攻撃が可能なので、仲間の攻撃がメインウェポンとなります。

緑のキャラは銃で攻撃。
攻撃だけではなく火を灯す等、ギミックの解除にも使用可能

仲間に体力の概念はなく、離れていても呼び出しボタンで一瞬で呼び戻すことが可能なので、不要になったらその辺に捨てていってしまって構いませんw。中には主人公や仲間の特性を活かしてギミックを解くこともあります。

雲を掴んで絞ることで雨を降らせる。

道中には収集要素としてコインが配置されており、コインをショップに持っていくことで、集めた枚数に応じてアイテムを受け取ることができます。最大 HP アップ等のアイテムや服などを入手することができます。店の前の看板からどのステージに未取得のコインが何枚用意されているか確認可能なため、コンプリートを目指しやすいシステムになっています。

ボス戦は通常の戦闘ももちろんありますが、特殊操作が求められる迫力満点のイベント戦も用意されています。様々な戦い方が必要となるため、飽きにくいような仕組みになっています。

グラフィックが綺麗だとイベントシーンも映えますね。

エンディングまではスムーズに攻略して7時間程度でした。収集要素のコインや隠し部屋といった要素もあるため、10時間以上遊べる作品だと思います。

おすすめポイント

・王道で壮大なストーリー

本作は話すことができない、落ちこぼれのフクロウが主人公となります。仲間たちも様々な過去を持つ、癖の強い相棒で所々重苦しい雰囲気のシーンもいくつかあります。師匠や周りの住人に失望され、邪険にされながらも自分達の強い信念を貫く主人公たちが非常にかっこよく感じました。また、挫けながらも主人公達が困難を共に乗り越え、徐々に成長していく姿は、王道ながら良いストーリーだと感じました。

ボロクソ言われますw


一方で、ストーリー以外の部分は個性豊かなキャラクター達の掛け合いや空を駆け巡るゲームシステムのおかげで楽しくプレイすることができます。キャラクター達の掛け合いも良好で見ていて楽しいものがありますし、何といっても、澄み渡る青空や大きな雲の中をバサバサと通り抜けることが心地よく、非常に綺麗なグラフィックも相まって飛んでいるだけでストレスが吹き飛びました。嵐の中やジャングル、火山や世界の果てまで様々な所を探索できる点も高評価でした。

このゲームに向いている人・向いていない人

こんな人におすすめ

壮大なストーリーを楽しみたい人
・大空を自由に駆けまわりたい人

壮大なストーリーとグラフィックが相まって満足感の高いゲームとなっています。シナリオ重視やグラフィック重視のゲーマーであれば購入しても問題ないと思います。開発陣はスーファミ世代のゲーマーを意識して開発したとのコメントを記しているので、スーファミのゲームが好きな人にはハマる作品だと思います。

一方で、以下の人にはおすすめできないです

操作性でイライラしたくない人
・アクションゲームが苦手な人

操作がやや難しく、特徴的です。掴もうとしたアイテムを無視して近くの仲間を掴んでしまう、ダメージを受けた時に仲間を落としてしまう、誤って着地してしまい、仲間を掴めなくなる等、独特な仕様が多く苦しめられます。操作性であまりイライラしたくない人には向いていないかもしれません。
また、初期体力がやや少なく、操作性も難しいことからよく死にます。死んでも近くのチェックポイントからリトライ可能ですが、救済要素などは無いため、アクションゲームが苦手な方にも向いていない作品だと感じました。

ここに注意!

操作が複雑で、動きも独特です。移動+照準を合わせる+攻撃や回避と大きく3つの操作が発生するため、キーボード+マウスの場合は輪をかけて操作しづらいです。

ワープ機能や地図が無いため、未回収のコインを回収に戻る際に、1度クリアしたダンジョンに戻ることがやや億劫でした。また、マップ移動時の画面の強引な切り替え、コインを除いた収集要素の欠如等、やや粗削りな所も多くみられました。

類似のゲーム

Iconoclasts・・・ゲームシステムは異なりますが、世界観やアクション性はやや似ている。紹介はこちら

総括

サイドビュー形式の 2D アクションゲームです。非常に綺麗なドット絵と大空を飛び回ることが特徴の大作アクションです。操作性はややいまいちですが、グラフィック・ストーリー・システムのいずれも造り込まれており最後まで楽しむことができた作品でした。

サイドビュー形式の 2D アクションゲームです。非常に綺麗なドット絵と大空を飛び回ることが特徴の大作アクションです。操作性はややいまいちですが、グラフィック・ストーリー・システムのいずれも造り込まれており最後まで楽しむことができた作品でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました