Levelhead 荷物を相手のお宅にシュゥゥゥーッ! !【レビュー】

ゲームレビュー
ゲームレビュー

こんにちは、ちゃぶ台です。

今回は “Levelhead” という 2D アクションゲームの紹介を行います。PC 版スーパーマリオメーカーのような作品で、用意された沢山のステージをクリアしたり、ステージを自作して他のユーザーに公開したり、他のプレイヤーの作品を遊ぶことができる作品です。

沢山のギミックが用意されており、公開されているステージ数も非常に多いため、長時間楽しむことができます。時間を持て余している人にはお勧めできると思います。

それでは早速紹介していきます!

概要

タイトルLevelhead
対応機種Steam, XBOX One, Nintendo Switch
価格2,050円(Switch, Steam, XBOX)
プレイ人数1 – 4人
言語日本語対応
ジャンル2D アクション
開発元 / 発売元Butterscotch Shenanigans / Butterscotch Shenanigans
一言たまに出てくる裏声の美声、めっちゃ好き。

ストーリー

主人公は銀河中に荷物を配達する運送会社の新入社員です。この会社は荷物を必ず目的地に届けることを保証しており、銀河中に名前を轟かせる大企業でした。配達はレールガンを用いて荷物を直接お客様の家に届けていたものの、時たまお客様の家や体に大きな損害を与えてしまうことが、これまで問題視されていました。

そこで開発されたのが、GR-18 というロボットです。荷物をレールガンでお客様の家の近くの安全な場所に送りつけ、そこから GR-18 が荷物を回収して家まで届けるという方針となりました。しかし、GR-18 は生まれたてておバカなため、あなたは GR-18 のトレーニング担当となり、無事に荷物を届けることができるように訓練してあげることとなりました。

“君の商品、しっかり配達できたじゃないかぁ!”

こんなゲーム

サイドビュー形式の 2D アクションゲームです。プレイヤーは荷物配達用のロボット GR-18 を操り、各ステージの荷物を目的地に運ぶことが目標となります。各ステージには1つの荷物が用意されており、荷物を拾ってゴール地点に到達することでステージクリアとなります。ステージ内の基本操作は “移動”・”ジャンプ”・”アームを伸ばす” が可能です。”アームを伸ばす” では、近くのブロックや荷物、ジャンプ台を背負うことができます。背負ったアイテムは足場にしたり、敵にぶつけて押し返したり、スイッチをONにしたりと様々なことに使用することができます。

動画の方が分かりやすいため、チュートリアルステージの動画を撮ってみました。

基本的に体力の概念はなく、一撃死です。

ステージ内には様々なギミックが用意されています。敵を踏みつけて倒したり、スイッチを ON / OFF して扉を潜ったり、移動する足場を乗り継いだり様々なテクニックが求められます。ゴールには荷物を持ち込む必要があり、GR-18 だけでゴールに到着してもクリアとならないため、如何に荷物をゴールまで運ぶか考える必要があります。

ステージ内には GR-18 を変身させるアイテムも存在します。変身することで壁ジャンプや瞬間移動等の追加アクションが使えるようになります。

緑の GR-18 は天井に捕まって移動したり、壁ジャンプができる。
黄色の GR-18 は短い距離のワープができる。

以上がステージのクリア方法となります。上記が前提となり、本作には3つの楽しみ方でステージを遊ぶことができます。それぞれについて紹介します。

■1. トレーニング

用意されている 90 以上のステージに挑みます。1つのステージは最短 30 秒 – 長くても2分程度でクリア可能です。少しずつ難易度が上がっていったりギミックが増えていきます。後半は死にまくって 10分以上かかることもざらにあります。

全体的に難易度はやや高めですが、ステージ内には複数のセーブポイントが設置されており、死んだら直ちにセーブポイントから再開されます。残機や制限時間などの概念は無いため、何度もトライすることが可能です。

クリア時にはタイム・ジェム(コイン)枚数・倒した敵の数などに応じてスコアが算出されます。ジェムの全ての回収やシンボルの回収等のやりこみ要素が多く、進行度やアイテムの収集率に応じて様々な要素がアンロックされるため、1つのステージを極めることも楽しいです。

目標タイム内にクリアすることが難しいこと難しいこと・・・

ステージをクリアすると新しいステージが解放されます。徐々に新しいギミックが追加されていき、難易度も高くなっていくため、本モードだけでも十分ボリュームがあります。

プレイヤーは様々な星を訪れて荷物を運ぶ

■2. ステージ作成

ゲーム内で出現するオブジェクトを自由に配置し、自分だけのステージの作成・公開が可能です。大量の敵を敷き詰めるもよし、激ムズのステージを作るもよし、パズル要素や意外性のあるステージを作ることも可能で、創造性が問われます。

操作は非常に直感的で、格子状に区切られたマスにアイテムや敵・足場などを配置していくだけです。範囲選択やコピー、塗りつぶしや Undo等、自由自在に使いやすいシステムになっています。

ステージはマス目に区切られており、床や壁、アイテム・敵・ギミックを自由自在に配置できる。

もちろん実際にテストプレイで試遊することもできます。テストプレイ用のチートモードも用意されているので、気になったところをとことんトライすることが可能です。ステージを公開するには、テストプレイでクリア済みである必要があるため、難易度の設定は程々にしましょう。

上のマップをテストしてみるとこんな感じで表示されます。

無事にテストプレイをクリアするとステージを公開することができます。タグを紐づけて他のユーザーから見つかりやすくしておきましょう。本作では事前に投稿用の SNS のようなアカウントが用意され、他のユーザーをフォローしたりすることもできます。新しい試みで面白いと思いました。

サンプルに1つ公開してみました。めっちゃ簡単ですが気になる人は遊んでみてくださいw

■3. 他のユーザーのステージをプレイする

公開されているステージを検索してプレイすることができます。好きなクリエイターをフォローしてそのクリエイターの作品を楽しんだり、ステージの傾向やジャンルに合わせて検索したりすることができます。

複数のステージをランダムで遊ぶこともできます。

人気のあるステージは公式顔負けのクオリティです

おすすめポイント

・幅の広い遊び方が可能

マリオメーカーよろしく、キャラクターの変身や沢山のギミックにより、多種多様なステージの作成が可能です。一定の敵を倒したりジェムを回収することで開く扉、(ドンキーコングでお馴染みの)タル大砲、特定のトリガーを満たして起動するスイッチ等様々なギミックの配置が可能です。

例えば、下記の動画のステージではプレイヤーは GR-18 ではなく、画面左側の大砲の向きを上下に動かして近づいてくる敵をひたすら撃退します。画面中央よりやや左にある緑の縦線に敵が振れると、左側の緑のブロック(プレイヤーの体力)が減ってしまいます。緑のブロックが無くなる前に近づいてくる敵を全て撃退するとゴールとなります。

意外な遊び方のステージで仰天しました。めっちゃ難しいけど。

このように意外性のあるステージや面白いステージの作成も可能で、ユーザー数・沢山のステージが配布されているため、何時間でも時間を潰すことが可能です。

また、チュートリアル・機能紹介・ストーリーの説明、ムービーが非常に凝っており、全体的にクオリティが高く、ストーリーを見ていてとても面白いと感じました。コンフィグから弄れる設定も多く、ゲームスピード等も変えられるため、アクションゲームが苦手な人はスピードを遅くするのもありかもしれません。

・ローカルマルチプレイに対応

本作は最大 4 人まで遊ぶことが可能です。仲間同士で道を切り拓いたり、仲間を背負って難所を切り抜けたり、(身代わりにしたり、)みんなでワイワイ楽しむことができます。公開されているステージについては一部、人数制限があるステージ(1人専用、2人専用)等もあるので、そこだけ要注意です。

仲間を背負って移動できる。投げて高い所にのせたり、穴に落とすこともできるw

このゲームに向いている人・向いていない人

こんな人におすすめ

・コスパを求める人
・シンプルな 2D アクションが好きな人

有志によって公開されているステージ数も非常に多く、確実に全てのステージを遊びきるよりも先にプレイヤー側のモチベーションの低下や飽きが訪れますw 時間が許す限り無限大に遊べるコスパ最強の作品なので、コスパ重視のゲーマーにはお勧めできる作品です。まさしく、スーパーマリオメーカーのPC版といった立ち位置なので、2D マリオ等シンプルなアクションゲームが好きな人にはお勧めできる作品だと思います。

一方で、以下の人にはおすすめできないです

・アクションゲームが苦手な人
(・ストーリー性を求める人)

トレーニングでは初っ端から狭い足場の上に着地、敵の猛攻を潜り抜けるといった操作を要求されます。チェックポイントが多めに用意されており、操作性・リトライ性は良好なものの、難易度はどんどん上昇していくため、高難易度のアクションが苦手なゲーマーにはあまりお勧めできないと思います。

(また、動画は面白いですがストーリー性はほとんどないのでそこは注意です。)

ここに注意!

チュートリアルや時々差し込まれる動画がやや長めです。動画は面白く・丁寧ですが、ステージ制作画面のチュートリアルはややめんどくさく感じました。

また、トレーニングの各ステージの目標タイムの到達の項目が滅茶苦茶難しいです。達成しなくても問題はないですが、クリアできないと気が済まない人は、かなり苦戦を強いられることを覚悟しておきましょう。

類似のゲーム

スーパーマリオメーカー(2) ・・・マリオステージの作成・他ユーザーへの公開が可能。

Super Meat Boy(Forever) ・・・操作性やゲーム性はやや類似。シンプルで鬼畜な死にゲー。

総括

サイドビュー形式の 2D アクションで PC 版スーパーマリオメーカーといった感じの作品です。トレーニングだけでもかなりの量があり、ステージ制作・他のユーザーの作品を遊び始めると無限大に時間を使うことができます。ゲームシステム・ムービー・操作性といった各項目のクオリティも高く、マリオメーカー顔負けの作品となっているので、気になった方は是非遊んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました