KATANA ZERO 闇社会で斬り捨て御免!【レビュー】

ゲームレビュー
ゲームレビュー

こんにちは、ちゃぶ台です。

今回は KATANA ZERO という 2D アクションゲームの紹介を行います。裏社会の闇に天誅を下す掃除人となって、依頼されたターゲットを護衛もろとも斬り伏せていく作品です。スタイリッシュな死にゲーアクションと一度見始めると止まらなくなる映画のようなストーリーが特徴の作品です。

血が沢山出るゲームなのでそこはご注意ください!

それでは早速紹介していきます。

概要

タイトルKATANA ZERO
対応機種Steam, Nintendo Switch
価格1,520円(Steam), 1,580円(Switch)
プレイ人数1人
言語日本語対応
ジャンル2D アクション
開発元 / 発売元Askiisoft / Devolver Digital
一言SAMURAI が DRAGON っていうのは若干違和感。カッコいいけど

ストーリー

裏社会で「ドラゴン」と恐れられる主人公は、銃弾をも跳ね返すカタナを振るう。雇い主から請け負った任務で、犯罪やドラッグに色濃く関与する闇の人物を始末し続けろ。

任務を成功させる度、ドラゴンの脳内には忘れていた過去が蘇る。

精神を安定させる薬によって手に入れた「予知能力」を駆使し、
過去の記憶と自分を繋げる血の世界へと進め。

(Nintendo Storeより)

こんなゲーム

サイドビュー形式の 2D アクションゲームです。刀を持つ主人公を操り、殺害を依頼された闇の住人を斬り伏せます。ストーリーは1日毎にチャプターが分かれており、11のチャプターを攻略することでエンディングとなります。各チャプターはミッションをこなすアクションパートとストーリーが進むアドベンチャーパートに分かれています。
それぞれのパートについて紹介していきます。

■アクションパートについて

主人公は未来を見通す力を持っており、どのように立ち回れば敵を殲滅することができるかのイマジネーションを行います。プレイヤーはイマジネーションの中で主人公を操作し、敵を殲滅します。
操作は移動・ジャンプ(壁ジャンプ)・刀攻撃・スロー・アイテム投擲・ローリング(回避)とやや複雑です。

殺害対象はマル秘ファイルで届けられる。
護衛を倒しながらターゲットの元へ。

プレイヤーが各マップをクリアして生き残こることができるビジョンが組み立てられてから、主人公が現実でイマジネーション通りの動きをします。体力や残機の概念は無く、敵に撃たれたり切られたりすると即座にイマジネーションが中断され、最初からイマジネーションを組み立てなおす(リトライ)することとなります。
(つまり、プレイヤーのミスで主人公が死んでも、想像の世界であるため、現実の主人公には影響がないということです。)

死ぬのはシミュレーション内、上手くいく立ち回りを探そう。

スローを使うと、一定の間、時の流れをスローモーションにできます。敵の攻撃の回避はもちろん、銃弾を切って敵に跳ね返すことも可能です。非常に強力ですが、敵はショットガンや連射できる銃を使ってくることも多いので、万能ではありません。早く使いすぎるとゲージがなくなってスローが解除されてしまったり、逆に使用が遅すぎると銃弾に撃ち抜かれるため、万能ではないところが絶妙で面白いです。

スロー中は左上のゲージを使用。時間経過で回復するため、積極的に使用可能です。

1マップをクリアする動画(40秒程度)を貼ってみました。クリア時の主人公の動きは動画であとから見返すことができます。32秒頃から始まるモノクロのシーンが、主人公が現実で行動しているムービーとなります。

こちらは刀がメイン武器ですが、敵は銃を携帯しています。プレイヤーを見つけると正確・即座にプレイヤーを打ち抜いてくるため、如何に見つからずに敵を処理できるかが重要です。敵の瞬発力は半端が無く、雑魚敵相手でも普通に何度も死にますが、各チャプターは小さいマップ単位で区切られており、マップ毎にセーブポイントが設けられるため、ミスしても即座にリトライすることが可能です。

飛び道具や火薬樽を用いて敵を一掃することも。

時にはトロッコやバイク等、乗り物に乗ってのアクションといったイベントバトルも存在します。こちらも細かくセーブポイントが設けられているため、気軽にリトライできます。通常のステルス寄りのバトルとは異なる立ち回りを求められるため、違った楽しさを感じることができます。

乗り物の上でも敵を一閃

ボス戦でもプレイヤーはイマジネーションの中で敵を倒すルートを組み立てます。一撃でも喰らうと戦闘の初めからやり直しの為、緊張感があるバトルが続きます。全体を通して難易度はやや高めですが、リトライが容易なので時間はそれほどかかりませんでした。

鎌を空中で大降りするボス。ボスの動きもかなり人間離れしてますね。

■アドベンチャーパートについて

ミッションの前後では主人公の普段の生活を垣間見ることができます。主人公は戦争で負った精神的苦痛を紛らわせるためにクスリの中毒状態になっており、毎日カウンセリングに通っています。カウンセラーや街の住人との会話では、選択肢が表示され、暴力的な回答(話し相手との会話を先読みして、相手が話している間に回答する)と普通の回答の中から選択することが可能です。選択した結果によってシナリオに変化が生じるため、他の選択肢を選んだ時の展開が非常に気になる良いシステムでした。

相手が話している間に回答すると暴力的な回答になる。
少し待つと通常の回答表示されます。

後述しますが、ストーリー部分だけでも非常に面白いです。エンディングまでは 4 時間程度で、10 時間程度でコンプリート可能です。ボリュームはかなり短めだと思いました。

おすすめポイント

・スタイリッシュだけど骨のあるアクション

戦闘はテンポがよく操作性も良好です。斬撃や飛び道具の投擲で敵が血飛沫と共に派手に飛び散る演出や銃弾を跳ね返して敵を仕留めた時の爽快感、クリアのムービーの余韻がクセになります。

一方で難易度は全体的にやや高めで、闇雲に突っ込むだけではクリアできない難易度になっています。制圧する部屋の順番やスロー、飛び道具の使うタイミングを何度も試行錯誤する必要があり、プレイヤーが戦術を建てるところが、主人公がイマジネーションを組み立てるストーリーに合致していて面白いと感じました。敵は複数人いて一度に相手すると高確率で死にますが、マップの全体像が最初から分かっており、ボスを除いて敵は全て一撃で倒すことができるため、筋道を立てやすいような設計になっています。各マップがかなり短めでロード時間も短い点も相まって、時間を気にせず何度もリトライしてしまう良いシステムだと感じました。

・良質なストーリー

主人公はクスリの中毒になっており、クスリを入手するために暗殺をこなしています。クスリの副作用で時系列や幻覚が入り乱れた展開が続きプレイヤーを混乱させます。主人公の超能力もストーリーに大きく関与し、主人公が死んだと思ったらイマジネーション内の世界だった、イマジネーション上で敵を倒したと思ったら相手も同じ能力を持っていて現実世界で倒せなかった等、驚きの展開が続きます。

お洒落な演出や、プレイヤーの思い込みを逆手に取る演出も存在し、クリア後には面白い映画を見ているような満足感を感じることができました。個人的には主人公がカセットテープで BGM を流し始めると共にミッションが始まる演出が高評価でした。

このゲームに向いている人・向いていない人

こんな人におすすめ

・スタイリッシュアクションが好きな人
アングラな世界観が好きな人

死にゲーですがアクションのテンポが速く、疾走感のあるゲームシステムです。
敵をまとめてなぎ倒した時、銃弾を斬り返して敵を屠った時、強敵に打ち勝った時等、常に爽快感や達成感を感じられる作品です。スタイリッシュなアクションゲームが好きな人は楽しめる作品だと思います。また、ストーリーも非常に面白いです。アングラな世界観が好きな人にはハマる作品だと思います。

一方で、以下の人にはおすすめできないです

・無双系のゲームをイメージしている人
・ストーリーを最後まで楽しみたい人

敵の血飛沫が派手に舞い、爽快感はある一方、敵の反射神経・狙撃の精度が凄いためこちらもたくさん死にます。難易度も高めなので、敵を大量に倒して爽快感を得る無双系ゲームを期待している人には向いていないかもしれません。

また、ストーリーは非常に面白いですが、全ての謎が解き明かされるわけではないため、若干の消化不良があります。続編の作成が想定されているようなので、こちらに期待したいと思います。

ここに注意!

面白い作品ですが、ボリュームはかなり少なめで、ストーリーも完結していないので少しコスパは悪いように思いました。隠し要素はありますが、雑魚敵の種類ややりこみ要素ももう少し欲しかったように感じました。

類似のゲーム

Door Kickers: Action Squad ・・・SWATとして人質を解放するゲーム。ゲーム性は類似。紹介はこちら
ScourgeBringer・・・スタイリッシュなローグライクアクション。形式の紹介はこちら

総括

闇社会でスタイリッシュに敵を斬り伏せるアクションゲームです。映画のような惹き込まれるストーリーとおしゃれなが雰囲気、高難易度ながら何度もトライしてしまうアクション性が高評価でした。

ストーリーが未完でコスパがやや悪いという点に目をつぶれば、内容自体は非常に面白いです。いずれ完結編が出ると思うので、今後の展開を楽しみにしようと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました