ibb & obb 2人で協力!重力で跳躍!【レビュー】

ゲームレビュー
ゲームレビュー

こんにちは、ちゃぶ台です。

今回は ibb & obb という 2D アクションのパズルゲームの紹介を行います。2人プレイ専用のゲームで、不思議なキャラクターを操りゴールに向かうことが目標です。可愛らしい見た目のキャラクターとは裏腹にアクション要素・謎解き要素の双方で高い難易度を誇ります。2人プレイ用の高難易度のゲームを求めている人には向いている作品かもしれないので、気になる人は是非覗いていってください。

それでは早速紹介していきます。

概要

タイトルibb & obb
対応機種Steam, Nintendo Switch
価格1,180円(Steam) 1,580円(Switch)
プレイ人数2人専用
言語日本語対応
ジャンル2D アクションパズルゲーム
開発元 / 発売元Sparpweed, Codeglue / Sparpweed
一言高難易度注意!可愛い見た目に騙されるな!

ストーリー

特にありません。
謎の生物の Ibb と Obb が重力の反転する不思議な世界を探検するだけです。

こんなゲーム

2人協力プレイが前提のサイドビュー形式の2D アクションゲームです。プレイヤーは Ibb と Obb を操り、15個のステージをクリアすることが目標です。キャラクターに性能差は無く、どちらのキャラクターも操作は移動とジャンプのみです。

緑が Ibb でピンクが Obb

各ステージでは協力して出現する敵を倒したり、ジャンプでは届かない足場を乗り越えながらひたすら右方向に進んでいきます。床や壁に配置されている白いモヤを通って地面に潜ると重力が反転し、地面の反対側に立つことができます。この特性を用いることでジャンプでは乗り越えられない高さの段差を、反転した地面から降りることで先に進むことができます。

モヤを潜ると重力が反転。

また、下記の動画のようにモヤを潜る時のスピードは保持されるので、勢いよくモヤに突入して反対側の高所に飛び乗ることもできます。トゲトゲの敵はトゲの部分に当たるとミスとなってしまいますが、反対側の白い部分に触れることで倒すことができます。

10秒程度の動画です。声を掛け合ってタイミングよくジャンプしましょう。

中盤からは同じ色のキャラクターしか通り抜けられない緑色・赤色のモヤも出現します。下記の画像では 2人で右側に進んでいく必要がありますが、キャラクターのジャンプ力では真ん中の段差に飛び乗ることができません。そこで、 Obb(赤色) を右に進ませるため、Ibb(緑色) の上に Obb を乗せて高さを稼ぎ、2人の同時ジャンプで Obb が段差を乗り越えてから、Ibb は緑色のモヤを潜って2人で右側に進んでいくこととなります。

Obb(赤色)を頭の上に乗せて同時にジャンプすることで高さを稼ぐことができる。
Ibb(緑色)は緑のモヤを潜って段差を降りて合流

他にもシャボン玉やジャンプ台といったギミックがあります。ギミックの数は少ないですが、パズルのバリエーションが多く、謎の解きがいがありました。

シャボン玉に入るとキャラクターが浮き上がる
勢いよくジャンプ台に着地することで、その衝撃を反対に立つキャラクターに伝えます。

体力の概念などは無く、どちらかのキャラクターが敵に当たるとその場でミスとなり、直近のセーブポイントから再開されます。セーブポイントは頻繁に用意されているため、心置きなく死ぬことができました。

ステージは全部で 15 個で、エンディングまでは約5.5時間程度でした。各ステージには隠しマップが用意されており、コレクション要素としてクリスタルが配置されています。隠しマップへと突入するだけでも大変で、クリスタルを入手するのも大変ですが、自信のある方は是非挑んでみてください。

隠しステージは入場を含めて超高難易度です。

おすすめポイント

・見た目から想像できない難易度の高さ

中盤から敵の配置がいやらしくなり、針に糸を通すような正確な操作を求められるようになります。イライラ棒のようなシーンを2人で進んでいく場面も多く、一人がミスするとやりなおしとなるため、時にはギスギスしてしまうかもしれません。

トゲを上手く躱して進んでいく

パズルも後半に進むにつれて難解になります。操作は移動とジャンプしかないので、プレイヤーができることは少ないのですが、パズルのバリエーションが多く、謎の解きがいがありました。パズルが解けても正解の動き2人で協力して実現する必要があり、(そこでまた苦戦することも多いので)アクションゲームに自信がある人がプレイすべきだと思いました。

パズルも徐々に複雑に

キャラクターデザインは全体的に可愛らしくまとまっています。一定時間操作を止めると自動的に休憩したり、踊りだしたりするため、ゲーム内で与えられたストレスを多少癒してくれます。ゴールした時には仲間と思わしきキャラクター達がプレイヤー達を出迎えてくれるため、ほっこりしました。

正直、足場として一緒についてきてほしいと毎回思いました。

このゲームに向いている人・向いていない人

こんな人におすすめ

・2人用の協力ゲームを探している人

2人でタイミングを合わせてジャンプしたり、交互に地上・地中の敵を倒し合ったりと、密に連携を取ることが多く、常にプレイヤー同士で会話が発生します。Steam 版では Remote Play Together にも対応しており、1人がソフトを持っていれば2人でプレイ可能です。多くの困難を乗り越えたい人、高難易度の協力アクションを求めている人には向いている作品だと思います。

一方で、以下の人にはおすすめできないです

・簡単な難易度の作品を求めている人
派手なアクションを求めている人

パズル・アクション観点の両方で難易度は高めです。後半は特に敵の猛攻を避けるシーンが目立つため、アクションゲームが苦手な方や小さい子供には難しいかもしれません。2人で同時に協力して進むため、上手い人にコントローラーを渡して進むこともできないので注意です。また、ストーリーや世界観が不明瞭で、アクションもジャンプしかないので全体的にかなり地味なので注意です。

ここに注意!

ローカル協力プレイ・オンライン協力プレイに対応していますが、1人で遊ぶことはできないので、ご注意ください。オンラインコープの場合はボイスチャットが無いと遊ぶのは難しいと思います。

実績解除を目的とする場合、一度ミスしたら最初からやり直しが必須となるステージがあり、非常にシビアな戦いを強いられます。ガチ勢2人でプレイする場合を除き、実績は気にせずプレイすることをお勧めします。

類似のゲーム

OVIVO・・・本作の一人専用版のアクションゲーム。紹介はこちら
Biped・・・2人で二人三脚を行うアクションゲーム。いずれ紹介予定。

総括

2人協力プレイが前提のパズルアクションゲームです。操作は移動とジャンプだけで非常にシンプルですが、アクション・パズルの双方で難易度が高いので要注意です。家族やカップルで遊ぶには若干ハードルが高い作品なので、ある程度アクションゲームに自信のある人や2人で大きな困難を乗り越えたい人は遊んでみることをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました