Genesis Noir 銀河を超えて彼女を救え!【レビュー】

ゲームレビュー
ゲームレビュー

こんにちは、ちゃぶ台です。

今回は Genesis Noir というパズルゲームの紹介を行います。非常に綺麗・斬新なアートワークのポイント&クリック型のパズルゲームで、ガールフレンドに向かって放たれた銃弾を止める方法について模索する作品です。ジャンル上はパズルゲームに分類されますが、どちらかというと綺麗なグラフィック・ムービーを楽しむ作品のように感じました。

それでは早速紹介していきます。

概要

タイトルGenesis Noir: Windows Edition
対応機種Steam, Nintendo Switch
価格1,700円(Steam), 1,520円(Switch)
プレイ人数1人
言語日本語対応
ジャンルパズルゲーム
開発元 / 発売元Feral Cat Den / Fellow Traveller
一言彼女を救う世界線を探す。みたいな作品。

ストーリー

宇宙的存在である「ミス・マス」や「ゴールデン・ボーイ」とともに三角関係に陥ってしまった時計の行商人「ノー・マン」。その三角関係がこじれてしまったとき、あなたは嫉妬と傲慢に包まれた男が放った弾丸――またの名を「ビッグバン」――を目にすることだろう。広がりゆく宇宙へと飛び込み、なんとしてでも新世界の創造を阻止して万物を破壊し、恋人を救い出せ。(Steam Storeより抜粋)

既に放たれてしまった弾丸が画面奥にいる彼女に当たることを阻止するストーリーです。

こんなゲーム

ポイント&クリック型のパズルゲームです。主人公を操り、恋人に対して放たれた弾丸を防ぐ方法を探します。操作は移動・クリック(気になるところを調べる)、引っ張る(クリックしたままスクロール)と非常にシンプルです。

彼女に向って放たれた弾丸の軌跡は、ビッグバンを起こし、広大な宇宙となって、その中に複数の世界を宿しました。主人公は約10個の世界の中に訪れて弾丸を防ぐための痕跡を探します。

光を纏う丸の1つ1つが生命体を持つ世界。各世界を探索して彼女を救う手がかりを探します。
彼女を救うための設計図。

各世界に入ると、その世界のコンセプトとバックグラウンドが文章で表示されます。生物学・哲学・科学的な注釈や、小難しい解釈の上で物語が進みますが、雰囲気だけ感じ取ればOKです。

ステージ内に入ると各ステージのバックグラウンドが語られる。難しい。。。
立体的なステージもあれば、2Dのステージもあります。

訪れた世界の先々には様々なパズルが用意されています。パズルには決まったルールがなく、状況に合わせてルールを把握し、正しい行動を取ることが必要となります。具体的には、簡単なジグソーパズルを解いたり、表示されたものを暗記して覚えたり、法則を調べて次に来るものを選んだりといった感じです。いずれもかなり簡単な問題が多めで、頭を使うもの・高難易度のものは殆どありませんでした。
下記はほんの一部ですが、パズルの一例です。

広大なフィールドを歩き回り、目的のアイテムを見つけるシーン。
宇宙空間でおっさんとセッションするシーン。(ボタンを正しく押す)
図形を組み合わせて作った謎の生物同士で交尾させるシーン。
不要な枝を選定するシーン。

時間制限やミスした際のペナルティ等も一切ないので、気の向くままにプレイすることが可能です。2つほどやけに難しい謎がありましたが、全体的にスムーズに攻略が進み、エンディングまでは4時間程度でした。全体を通してムービーを見ている時間がかなり長く、どちらかというとパズルゲームというよりシナリオ、ムービーを楽しむ作品だと感じました。

おすすめポイント

・非常に綺麗なグラフィック

多くのシーンは白と黒が基調で描かれているのですが、コントラストや余白が上手く用いられており魅力的でした。ムービーも敢えて遠近感や物理法則を無視した予想外な動きを多数表現することでプレイヤーを魅了し、常に驚きや新鮮さを与えてくれました。パズルやシナリオの面白さよりもビジュアルの綺麗さ・ユニークさが圧倒的に目立っており、ビジュアルを楽しむための作品であるように感じました。

各世界は時代も場所もバラバラです。侘び寂びの世界も出てきます。
世界を、未来を、変える特異点を探す旅に。

このゲームに向いている人・向いていない人

こんな人におすすめ

・綺麗なグラフィックが好きな人

本作の魅力であるグラフィックの綺麗さ・ムービーの異質さに惹かれた方は是非プレイすることをおすすめします。スクリーンショットよりも動画の方が魅力が伝わりやすいので、トレーラーを覗いてみてください。

一方で、以下の人にはおすすめできないです

・謎解き成分を求める人
・コストパフォーマンスを求める人

全体的にパズルの難易度はかなり易しいです。私の場合、1つの謎で3分以上悩むことは殆どありませんでした。パズルゲームというよりシナリオ・映像・雰囲気を楽しむ作品なので、難解なパズルを求める人にはおすすめすることができません。

また、やりこみ要素もなく、エンディングまで4時間程度で到達するので、コスパ重視の人にもおすすめできないと思います。

ここに注意!

私は特に問題なかったですが、他の方のレビューでは、探索パート中に進行不能となるバグに遭遇したという報告を複数見つけました。隠し要素は無く、目的地や探し物は比較的わかりやすい所に配置されているので、あまり細かいところに行かないことをおすすめします。

また、ステージの途中ではセーブされないようです。各ステージは長くても20分程度でクリア可能なのでステージ内で中断することは避けましょう。

類似のゲーム

Starman 静かな世界にひとり。【レビュー】
こちらも白と黒で構成されたパズルゲーム。シンプルなゲーム性で雰囲気も似ています。
Morkredd 暗闇の中で命がけの大玉転がし!【レビュー】
光に当たらないように玉を転がしていくパズルゲーム。こちらも白と黒の配色で描かれています。やや不気味ですが、雰囲気は少し似ています。
スキタイのムスメ 世界を救うは紀元前の救世主!【レビュー】
戦闘はありですが、どことなーく雰囲気は似ているかもしれないです(似ていないかもしれないです)

総括

恋人に向かって放たれた弾丸を止めるために様々な時間・宇宙を旅するパズルゲームです。
ポイント&クリックのパズルゲームという分類ですが、パズルがかなり簡単で実際にはムービー・シナリオを楽しむ作品だと感じました。シナリオは小難しい話が多くかなり分かり辛いですが、とにかくムービーが綺麗で、斬新な表現方法も多数あり、見ているだけで楽しめました。コスパがかなり悪い点が目立ちますが、ユニーク度は非常に高い作品なので、スクリーンショットやトレーラーを見て気になった人は購入してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました