Figment 心の中は雨のち晴れ【レビュー】

ゲームレビュー
ゲームレビュー

こんにちは、ちゃぶ台です。

今回は Figment という見下ろし型の 2D パズルアクションの紹介を行います。人間の心の奥というカオスだけど繊細な舞台の中で、心に潜むネガティブな感情に立ち向かうというコンセプトです。心の世界故のカオスかつユニークなアートスタイルとミュージカルを彷彿とさせる賑やかさが特徴的な作品なので、雰囲気ゲーが好きな人は必見です。

それでは早速紹介していきます!

概要

タイトルFigment
対応機種Steam, PS4, Nintendo Switch
価格1,980円(Steam), 2,200円(PS4, Switch)
プレイ人数1人
言語日本語対応
ジャンルパズルゲーム2D アクション
開発元 / 発売元Bedtime Digital Games / Bedtime Digital Games
一言一人一人の心の中にダスティとパイパーがいると思うと元気がでますね。

ストーリー

人間の心の奥を舞台に繰り広げられるミュージカル・アクション・アドベンチャー…フィグメント・ワールドへようこそ。奇妙でシュールな世界。人間の潜在意識、衝動、記憶がぎっしりつまった私たちの頭の中ではさまざまな声がそれぞれに意見を言います。

長年ずっと静かに穏やかに過ごしてきたこの心に、変化が起きました。これまでには無かった考えが生まれたのです。悪夢のような生き物が頭のあちこちにはびこり、恐怖を撒き散らすようになりました。唯一の希望は、心の中で勇気をもたらす発言をしてきたむっつりダスティが自分を取り戻し、心が恐怖に立ち向かうように仕向けることです。

ダスティといつでも楽観的な友人のパイパーは心の中のあちらこちらへ行き、問題を正すためのパズルを解いたり、悪夢をやっつけたりしながら失われた勇気を取り戻そうと奮闘します。さぁ、この冒険に一緒に出かけましょう。

(Steam Store より抜粋)

こんなゲーム

見下ろし型の3D アクションゲームです。人間の心の中に住む、主人公のダスティを操り、この世界に蔓延る悪夢を退治するため、心の中を探索します。ダスティにはパイパーという陽気な鳥の相方がいて行動を共にします。

謎の生物ダスティと陽気な鳥、パイパーのタッグで悪夢退治を目指す。パイパーはダスティについてきてヒントや励ましをくれます。

操作は移動・ローリング・剣での攻撃・アイテムを使うです。一本道のマップをパズルを解きながら進んでいき、時折現れる雑魚敵やボスと戦います。回復アイテムが至る所に配置されており、雑魚敵の種類、攻撃パターンも少ないので戦闘は非常に単調・簡単です。万が一死んでしまっても直近から再開可能なので、気軽に進めることができます。

戦闘は敵の攻撃を避けてから反撃するパターンが多い。左の緑のケージがダスティの体力。

パズルは1つの法則に従って解くようなものではなく、様々なバリエーションのものが用意されているので、都度、解き方を考えながら解き進めていきます。時にはアイテムを使用したり、ブロックを押したりと配置されているギミックを活用して進んでいくものも用意されています。

複数のアイテムを正しい順番で使うパズル
ブロックを押し引きして所定の位置に運ぶよくあるパズル
点灯する床と順番を覚えてその上を正しく進んでいくパズル
一見何をすればいいかわからないパズルも。

パズルのバリエーションは10種類以上ありますが、ユニークなパズル・凝ったパズル・難易度の高いパズルは無く、全体的に難易度は控えめでした。

収集要素として 16 個のメモリーがステージ内に隠されています。分かり辛い所や工夫がいる所に隠されているため、よく探しましょう。基本的に1度訪れたマップには基本的に戻ってこないので注意が必要です。

折角見つけたと思ったら悲しい想い出も・・・。

全体的な割合としてはパズルが 8 割、戦闘が 2 割程度です。エンディング迄は 3 – 5 時間程度で、収集要素はありますがクリア後のお楽しみ要素ややりこみ要素などは一切ありませんでした。

おすすめポイント

・不思議だけど賑やかな世界観

心の中の世界が舞台となる為、奇妙な物体が沢山配置されています。鉛筆や消しゴムで構成された足場や、画鋲や芋虫でできた通路、段ボールやポットでできた家など、夢特有の少し奇妙な光景が手書き調で表現されており、プレイヤーの探求心をくすぐってきます。

住人達はどこか心が病んでいる様子。

この世界は大きく4(+α)つのフィールドに分かれており、フィールド毎に背景やパズルの傾向が異なります。行く先々でカオスな光景を見ることができるので探索していて楽しいです。

各ボスは歌いながらダスティを攻撃してくる点が斬新です。ネガティブな字面を巧みに音楽に乗せて攻撃してくるのですが、ミュージカルのような賑やかさがあり盛り上がります。敵の攻撃やステップ等の動作も音楽とマッチしており、聞いていて・見ていて楽しい魅力的なシーンでした。

ボスはノリノリで歌いながら攻撃してくるのでどこか憎めないキャラクターをしています。

ダスティは気難し屋で、悪魔退治にあまり乗り気ではないキャラクターな一方、パイパーは陽気な性格で、悪魔退治に積極的です。性格・見た目・思想の全く違う2人のデコボコペアが協力しながら困難を乗り越えるシナリオには少し勇気づけられました。シナリオはややありきたりですが、王道な展開で最後には心がスッキリするような結末を迎えるためプレイ後には元気がでる作品だと思います。

このゲームに向いている人・向いていない人

こんな人におすすめ

・普段あまりゲームをプレイしない人
雰囲気ゲーが好きな人

アクション、パズルの双方が簡単な難易度です。細かい操作は不要で、ミスしてもすぐにリトライできるため、普段ゲームをしない人でも楽しめるような作品となっています。また、絵本のようなユーモア溢れる世界観&ミュージカル調のボス戦が新鮮なので、賑やかな世界や不思議な雰囲気が好きな人にはお勧めできると思います。

一方で、以下の人にはおすすめできないです

・高難易度のアクション、パズルゲームを求める人
コストパフォーマンスを求める人

アクション、パズル自体は単調で面白みに欠けます。戦闘で負けそうになることも殆どなかったため、アクション性に期待している人、高難易度 / 凝ったアクション・パズルを求める人、爽快感を求める人には向いていないと思います。
また、値段の割に3 – 5時間程度でクリア可能とボリュームは少ないです。コストパフォーマンスを求める人にも向いていない作品だと思います。

ここに注意!

賑やかではありますが、ゲーム性としてはパズル・アクションの双方の観点でユニークさに欠けるような印象を受けました。

やや不気味な部分もありますが、ホラー要素などは一切ないので小さい子供も楽しめると思います。

類似のゲーム

Back to Bed・・・同じくBedtime Digital Gamesのパズルゲーム。紹介はこちら
Figment 2: Creed Valley・・・本作の続編。2021年発売予定。

総括

見下ろし型の 2D パズルアクションです。心の中の無秩序な様子を表した手書き風のグラフィック、ミュージカルのようなボス戦、心温まるストーリーが高評価でした。一方で、難易度は簡単・ボリュームが少ない・ゲーム性にあまり特徴がないように感じました。雰囲気ゲーとしては十分なクオリティだと思うので、動画などを確認の上で購入することをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました