Feign もしかして・・・私ってバカ・・・!? 【レビュー】

ゲームレビュー
ゲームレビュー

こんにちは、ちゃぶ台です。

今回は Feign という作品の紹介を行います。巷では 「バカ人狼」という名で話題沸騰中の作品で、人狼要素にオリジナル要素が組み込まれた作品です。人狼や Among Us のような陣営毎に分かれて戦うゲームで、バカという独自の役割の存在により劇的なドラマが生まれる作品に仕上がっているので、大人数で遊ぶ作品を求めている人は是非覗いてみてください。

人狼や Among Us との比較にも焦点を当てながら紹介しようと思います。

それでは早速紹介していきます!

#2022年4月10日段階での記事となります。

概要

タイトルFeign
対応機種Steam(スマホ版も対応予定とのことです)
価格520円
プレイ人数4~12人(ランダムマッチ対応)
言語日本語対応
ジャンル推理ゲーム
開発元 / 発売元tenekekafalarstudios / tenekekafalarstudios
一言議論についていけないし普通に自分はバカだなと思う今日この頃でした。

ストーリー

特にありません。

こんなゲーム

4-12人で村人陣営と狼陣営(+第3陣営)に分かれて、相手の陣営を殲滅させることを目指します。ゲームの始めに各プレイヤーには自身の陣営と役割が配布されます。

それぞれの陣営の説明を簡単に紹介します。

  • イノセント(緑色)
    人狼でいう村人陣営、Among Us でいうクルー陣営です。議論によって他の陣営のメンバーを探し出し、投票によって他の陣営のメンバーを全員追放することを目的とします。
  • インポスター(赤色)
    人狼でいう狼陣営、Among Us でいうインポスター陣営です。他の陣営のメンバーを殺害して、他の陣営の人数をインポスター陣営の人数と同数まで減らすことを目的とします。インポスターはプレイ参加者の人数に合わせて 1-3人が選ばれ、誰がインポスター陣営であるかを互いに知ることができます。
  • ニュートラル(青色)
    第三陣営で、役割毎に定まった目的を達成して勝利を目指します。職業によっては他の陣営と協力をすることもあります。勝利条件については役割の項目で紹介します。
緑色はイノセント陣営。他陣営の追放を目指しましょう。

各ゲームはいずれかの陣営の勝利条件が満たされるまで、昼時間(議論・追放)と夜時間(行動)を繰り返します。具体的には、下記のような流れでゲームが進みます。

  1. 昼の議論
    参加者全員で会議を行います。最初は誰も死んでいないので、飛ばしてもよいですし自分の役職を明かしたり、騙っても問題ありません。
  2. 夜行動
    自身の役割の能力を誰に行使するか、(インポスターの場合は)殺害をする対象を選択します。何もせず、家で待機することも可能です。設定された時間が経過すると自分の行動の結果と、自身の生死が判明して朝を迎えます。インポスター陣営であれば、夜間に相方とチャットで意思疎通を図ることができます。


    インポスタープレイ時の夜間の画像です。ターゲットの家を選んで行動を選択します。
    何もしない・誰かをキルする・能力の行使のいずれかを使用可能です。
  3. 死亡者の確認
    朝を迎えて夜行動で殺されてしまったプレイヤーの陣営と役職が全員に公表されます。後述するねずみの能力使用時のエフェクトもこのタイミングで表示されます。


  4. 昼の議論&投票
    生存者全員で会議を行い、殺人を起こした人物の特定を行います。生存者は1人1票持っており、過半数が1人に投票されるとその人物が追放され、陣営と役割が明かされます。前日の各プレイヤーの夜の行動や役割について精査し、怪しいと思った人がいたら投票で追放しましょう。


    怪しいと思った人の家に投票を行います。
    上記では画面上のピンクのキャラクターが5票中4票を獲得し、村から追放されています。

  5. ゲームの終了条件が満たされるまで 2. ~ 4. を繰り返します。
終了時には全員の陣営と役割が公開されます。

本作では参加者全員に必ず役割が割り当てられます。役割毎に夜時間での行動内容が異なり、イノセント陣営はこれらの行動をうまく活用して他の陣営のメンバーを特定することとなります。インポスター・ニュートラル陣営は自身の陣営がバレないようにニュートラル陣営であることを騙りながら追放されないように立ち回ります。

役割の紹介はここをクリック!


■イノセント陣営のみ
・バカ・・・他のランダムな役割として表示され、死んだときに初めてバカであったことが明かされます。表示された役割と同じ行動を行うことができますが、実際には何も起こらずでたらめな結果が返ってきます。

・ドクター・・・夜間に選んだ人の家に行き、死んでいた場合に蘇生させることができる。表示されるエフェクトで成否が分かります。

■インポスター陣営のみ
・ブレイマー・・・夜間に選んだ人が殺害・追放され、陣営が明かされるときにインポスター陣営と表示されるようになります。上手く使えばイノセント陣営にインポスターの数を誤認させることができます。

・クリーナー・・・夜間に選んだ人が殺害・追放され、陣営が明かされるときに陣営と役割が “わからない” と表示されるようになります。死んだ人の役割がわからないため、イノセント陣営の議論を乱すことができます。

■イノセント / イノセント陣営
・トラッパー・・・夜間に選んだ人の家に罠を仕掛け、その人の家に訪れたランダムな1人の行動を失敗させます。トラップが発動したかどうかを知ることができます。(引っ掛かった人の特定は不能)

・インベスティゲーター・・・夜間に選んだ人の役割と陣営を特定しますが、正しい役割・陣営と誤った役割・陣営の2つが表示され、どちらが正しいかはわかりません。

・ねずみ・・・夜間に選択したプレイヤーの役割と陣営を知ることができます。能力使用時には固有のエフェクトが表示され、他のプレイヤーも能力が行使されたことを知ることができます。(1度のみ実行可能)

・ルックアウト・・・夜間に選んだ人の家に行き、その家に訪れた人を知ることができます。

・ポリス・・・選択したプレイヤーの家に行き、その人物の能力の行使を止めさせることができます。

・挑発者・・・夜間に選んだ人の家に行くことで、翌朝その人に2票投票された状態から議論が始まります。

■ニュートラル陣営のみ
・サバイバー・・・夜の行動で3回まで殺されても復活することができます。ゲーム終了まで生き残れば勝利。

・シリアルキラー・・・夜に選んだ人を殺害することができます。ポリスやトラップに止められることがなく、殺した人の陣営は「わからない」と表示される。他のプレイヤーを皆殺しにすると勝利。

・ボマー・・・夜に選んだ人の家に爆弾を設置します。起爆させることで爆弾を置いたプレイヤーを殺害することがでます。他のプレイヤーを皆殺しにすると勝利。

・シーフ・・・夜に選んだプレイヤーを殺害して役割・陣営を奪うことができます。(1度のみ実行可能)盗んだ役職の条件を満たすことで勝利。


1ゲームは最短10分程度、長くても 30 – 40 分程度で終了します。

おすすめポイント

・バカに振り回される議論

下記の “役割” の項目のように事前に出現する役割を決めることができます。ランダムも選ぶことができるため、蓋を開けてみたらバカが沢山いたり、実はバカは1人だけだったりと、プレイするたびにゲーム展開が異なるため、何度遊んでも楽しい作品です。

イノセント6人のうちバカが最低1人は含まれ、残りの役割はランダムに選択される。インポスター2人の役割もランダム。

強力な役職が複数出現しますが、バカのおかげで不正確な情報が出回るため、議論は混沌を極めます。たまたまバカ同士の行動が噛み合って正しい役職に見えたり、バカと気づかずに偶然インポスターを追放できたりと予想外のドラマが数々生まれます。「はい、バカ確定です。」「薄々気づいてはいたけど、やっぱり馬鹿じゃねーか!!」といったシュールなワードが飛び交うので通常の議論でも盛り上がります。

死んでしまっても、「滅茶苦茶頑張ってるけど、あなたバカですよー」と生存者を小馬鹿にしながら見物できるのも面白い点です。バカと可愛らしいデザインのおかげで初日に殺されたり、理不尽なことがあっても許せてしまう点も高評価だと感じました。

・議論作品としては難しめ

各ターンでの各プレイヤーの行動・発言・情報が出た順番等を踏まえつつ、各プレイヤーの役割・陣営を精査する必要があります。共有される情報量が多く、バカによる誤った情報やインポスターの嘘情報も出回るため、スムーズに議論を組み立てることは難しいです。インポスターや第三陣営の場合、議論で矛盾を指摘されてしまったらバカを名乗ればなんとかなることも多いため、雰囲気で楽しむ分には敷居が低いですが、勝利を目指すにはある程度の練習が必要だと感じました。


また、「ルックアウトとトラッパー2人とインポスターが全員同じ家に行ったときにどうなるか」等、行動順やエフェクト発生の仕様がわからないと議論しにくい部分も多いです。前述の通り考慮事項も多いため、議論に参加するハードルはやや高いように感じました。

このゲームに向いている人・向いていない人

こんな人におすすめ

・人狼系作品が好きな人
友達とのプレイを楽しみたい人

役割のランダム性、バカによる議論のかき乱しによって何や何やら分からない状況となりますが、上手くインポスターを追放できた時、インポスター側で逃げ切った時の達成感はたまりません。人狼系作品が好きな人には間違いなくお勧めできる作品だと思います。
また、ランダムマッチも用意されていますが、Discord 等の通話ツールを用いた友人とのプレイが一般的です。チャットでの意思疎通や議論は苦労するので、友人を集めて遊ぶことをお勧めします。

一方で、以下の人にはおすすめできないです

・人狼系作品に慣れていない人

役割の種類や考慮事項が多く、慣れないうちは議論についていくのが精一杯となります。いきなりゲームで活躍するのは難しいかもしれないので、実況動画や解説動画などを見てからプレイすることをお勧めします。

ここに注意!

前述の通り、友人と遊ぶのが楽しい作品ですが、インポスター陣営が1人になる4~5人でのプレイだとシンプルなゲームになってしまうので、8人以上集めてプレイすることが望ましいです。

類似のゲーム

Among Us・・・言わずと知れたアクション×人狼作品。名称は宇宙人狼。紹介はこちら

総括

バカ人狼という愛称で有名な人狼系作品です。通常の人狼と異なり、バカを含む役職が全員に配られることが大きな特徴です。ランダムな役割の配布やバカによる議論のかき乱しによって様々な結末が生まれるため、何度遊んでも楽しい作品に仕上がっています。考慮事項が多いため議論への参加は難しい部分はありますが、困ったらバカを名乗っておけば乗り切ることができるので、人狼や Among Us が好きな人は是非遊んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました