Enter The Gungeon 1000回遊べるローグライクシューティング【レビュー】

ゲームレビュー
ゲームレビュー

こんにちは、ちゃぶ台です。

記念すべき最初のゲームレビューは Enter The Gungeon(通称:EtG) です。自分の大好きなゲームで購入から他のゲームに浮気することなく、 200 H オーバーまでプレイしっぱなしでした。是非たくさんの人にプレイしてもらいたいため、さっそく紹介していきます!

概要

タイトルEnter The Gungeon
対応機種Steam, Epic Games, Nintendo Switch, PS4, XBOX等
言語日本語対応
ジャンル2D シューティング(見下ろし型)・ローグライク2D アクション
Coop 対応(ローカル 2 人プレイ)
開発元 / 発売元Dodge Roll / Devolver Digital
一言古今東西のあらゆる銃を片手に “過去を始末する銃” を求めてガンジョン探索!

ストーリー

それぞれのプレイヤーは、己の悔やみきれない過去を消すために、”過去を始末する銃” を求めてガンジョン(Gun + Dungeon)に潜ります。ガンジョン内の武器や待ち受ける敵はほぼ銃に関連するものとなっており、現実に存在する銃や色々なゲーム等のオマージュが含まれています。ガンジョン内で “過去を始末する銃” の弾丸を作成するアイテムを集め、ガンジョン内の最奥に眠る ”過去を始末する銃” に到達することが目的となります。

こんなゲーム

ダンジョンは 5 階(+隠し階層)で構成され、プレイの度に敵や部屋の配置が変わるローグライク形式になっています。ローグライク形式なので、死んだら最初から再プレイですが、1プレイは数分(死んだらそこまで)~ 90 分程度なのでサクッと遊べます。
一見激しい弾幕でもドッジロール(ローリング)に無敵時間が付与されており、意外と簡単に避けることができます。慣れるまでは難しいですが、操作性がよくリトライもしやすいです。キャラクター毎に初期アイテムや特性が異なるため、お気に入りのキャラクターやプレイスタイルを探すのも本ゲームの醍醐味です。

過去を始末するには 4 つの素材を集めて特定の人に渡す必要がありますが、進行状況は保持されるので、一度に集めきる必要はありません。まずはより深い階層に潜れるように数をこなして敵の攻撃パターンや立ち回りを覚えましょう。

おすすめポイント

本ゲームのおすすめポイントを下記にまとめてみました。

  1. 膨大なボリュームと奥深さ

自動生成されるガンジョンを進めるわけですが、アイテムの組み合わせによる特殊効果のシナジーや NPC イベント等が大量に設定されており、200 時間を超えても初めて見るイベントがたくさんあり、非常に長時間遊べます。通常プレイクリア後も隠しキャラの出現やチャレンジモード等が設けられており、一風変わったガンジョンを楽しめるため飽きにくいです。

2. 様々なアイテムやシナジー

登場する銃は 200 種類以上、アイテムは 250 種類以上となっており、どこかで見たものやよくわからないものがたくさんあります。意外なものが強かったり、全然使えなかったり、新しい出会いに一喜一憂するのも楽しいですし、強い銃をゲットできた時の喜びは半端ないです。

例としてどんな銃が出てくるか挙げてみました。

よくわからないものの例:

バナナ:投げると爆発して 3 つに分裂する
ブレット:弾丸を装備し、弾丸を発射する銃を発射する銃(?)
すずき:51 と書いてある野球用バット。どこかのメジャーリーガーの武器。銃・・・?
まほうのランプ:敵に弾を 3度当てるとガニーが敵をアッパーで吹き飛ばしてくれる

どこかでみたことのあるものの例:

COM4NDO:シュワちゃん御用達のロケットランチャー
ブリックブレーカー:世界一有名な配管工をイメージとさせる緑の甲羅を発射する銃
ロックハンド:ロッ〇マンが使う武器。シナジーが発動すると "アトミックファイヤー" や
 "メタルブレード" 等が使えるように。名前そのままで隠す気はない様子・・・

などなど、見つけて楽しい・使って楽しい武器が目白押しです。(もちろん AK やコルト、RPG 等現実にある火器も存在するのでご安心を!)

他にもどこかで見たようなアイテムが沢山

3. Coop プレイ対応


ローカル Coop プレイにも対応しており、お裾分けプレイも可能なところもおすすめポイントです。Switch であれば joy-con を渡して簡単に 2P で遊べます。


2 P プレイ時は結構立ち回りが変わるのですが、立ち回り記事があまりなかったので、別途まとめようと思います。

このゲームに向いている人・向いていない人

こんな人におすすめ

・シューティング / ローグライク好き
・銃をこよなく愛する人

沢山のアイテム・銃に触れて、滅茶苦茶強いものや自分のスタイルに合うものを見つけた時の感動はたまらないですね。また、プレイヤー自身が知識やスキルを蓄えて、成長していくことがローグライク形式の面白いところかと思います。シューティング・ローグライク好きのゲーマーならまず間違いなくハマると思います。

最初は難しいものの、プレイを重ねて知識・経験を蓄えることで自ずとクリアできるようになります。また、理不尽な死に方も少ないため、萎えるようなことはありません。多少の不運もプレイヤーのテクニックでカバーできるため、一度クリアできるようになるとどんどんクリアできるようになります。

一方で、以下の人にはおすすめできないです

・アクションゲームやシューティングゲームが苦手な人
・RPG のようにキャラクターの成長を求める人


後半に進むにつれて自分の装備も強くなっていきますが、敵の攻撃もどんどん激しくなります。弾幕成分が強くなるため、シューティングやアクションゲームが苦手な人には難しいかもしれないです。また、それぞれのプレイが独立しているため、キャラクターの成長を楽しみにしている人には向いていないかもしれません。

ここに注意!

ミスを連発した時の救済、難易度の設定やゲーム内通貨を楽して稼げる裏技といった要素は一切用意されていないため、覚悟しておきましょう。
また、初めからすべての銃やアイテムが解放されているわけではなく、プレイに応じて出現する通貨を用いてアンロックを進めていきます。通貨を集めるにはひたすらガンジョンに潜るしかないため、アンロック完了までに飽きてしまったり、アイテム数が少ない序盤でくじけてしまう人もいるかもしれません。
また、全てのアイテムのアンロックには相応の時間が掛かります。(100 H くらい?)

#自分は PS4 と Switch で遊んでいたのですが、Switch の場合、たまにソフトが強制終了するハプニングも・・・
#一応フロアの移動時にセーブが入るらしく直前のフロアの冒頭から再開します。

類似のゲーム

20XX・・・ロックマンライクな 2D ローグライクシューティング 紹介はこちら
Juicy Realm・・・フルーツをモチーフにした 2D ローグライクシューティング
Exit the Gungeon・・・Enter The Gungeon の続編! 紹介はこちら

総評

自分の実力が如実に出るシューティング+アイテムの引きに一喜一憂するローグライクの要素が絶妙に絡まり、非常に中毒性の高いゲーム内容となっています。
クリアするだけでも結構骨が折れますが、クリア後もアイテムや隠しキャラクターアンロックやチャレンジモードや超激レアイベント等、何度も遊べちゃう作品です。
興味がある方は是非遊んでみてください。

全てのガンジョニアに栄光あれ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました