Doomed to Hell 地獄果てで殺し合い!【レビュー】

ゲームレビュー
ゲームレビュー

こんにちは、ちゃぶ台です。

今回は Doomed to Hell という 2D アクションの紹介を行います。主人公の骸骨を操り、周りの怪物を返り討ちにする全方向シューティングです。遊びやすい操作性・レベル設計と可愛らしいデザインが特徴の作品なので気になった人は是非覗いてみてください。

現段階では日本語はサポートされていませんが、英語が苦手な方でも支障なくプレイ可能です。
それでは早速紹介していきます!

概要

タイトルDoomed to Hell
対応機種Steam
価格1,220円
プレイ人数1人
言語日本語非対応
ジャンル2D アクション, 2D シューティング, ローグライク
開発元 / 発売元Gagonfe, Ulon, Rhowsl / Gagonfe
一言近接武器の存在感が最後まで分からなかった。

ストーリー

かつてローズと呼ばれる小さな少年がいました。彼は慎ましく暮らしていましたが、ある日、不幸な事故によって彼は亡くなってしまいました。

地獄に到着したローズでしたが、地獄には既に死んだ住人達で溢れかえっており、暮らすスペースはおろか、働くスペースさえもありませんでした。
困った悪魔達は閃きました。
「地獄の住人達に殺し合いをさせて、スペースを確保しよう。」
最後まで勝ち残った1人を生き返らせて元の世界に帰すという報酬を目指して、ローズも戦いに身を投じるのであった。
(ちょっと脚色していますが、多分こんな感じであっています。)

こんなゲーム

見下ろし型の 2D アクションゲームです。主人公の骸骨(ローズ)を操り、3つのバイオームのクリアを目指します。各バイオームは4つのステージから構成され、各ステージでは5つの Wave のクリアを目指します。各プレイは独立しており、毎回最弱の状態からゲームが始まります。

操作はツインスティック(移動+照準合わせ)と攻撃・ダッシュ(無敵時間あり)と武器の変更です。各ウェーブでは全方向から敵が出現し、プレイヤーを攻撃してきます。ステージは狭めで敵の攻撃を回避しながら全ての敵を倒すことでウェーブクリアとなります。

他の住人達を返り討ちにしましょう。
お金が沢山出て楽しいです。

ウェーブをクリアするとランダムに表示される3つのアップグレードから1つを選択して獲得します。攻撃力や防御力、連射率の向上といった効果があり、ここで獲得した強化系のポーションはステージが終了するまで効果が続きます。

左から移動速度アップ、クリティカル発生率アップ、体力回復のポーション

各ステージをクリアすると体力が全回復し、ショップで買い物をすることができます。武器にはショットガンやホーミング銃、近接武器など、様々な特性があります。武器は二つまで同時に持つことができるため、状況に合わせて使い分けることができます。また、攻撃力や移動速度を上げるアップグレードを購入することもできます。ここでのアップグレードはプレイ終了まで続くため、お金があればどんどん購入していきましょう。

一度に並ぶラインナップは4つ。
近接武器もあります。衝撃波は出ますが、使い勝手は微妙かも。

4つ目のステージの最後のウェーブではボスが出現します。ボスは弾幕を繰り出してくるため、タイミングを合わせてうまく回避しましょう。ボスを倒すとバイオームのクリアとなり、次のバイオームに進みます。

ボスは高耐久力を持ち、激しい弾幕を繰り出してきます。

1プレイは40ー60分程度でクリア可能です。難易度は簡単〜普通で、アクションゲームが得意な人ならすぐにクリアすることができると思います。やり込み要素は無いため、リプレイ性は薄いです。

おすすめポイント

・遊びやすい作品

ストーリーは死神同士の殺し合いとやや重めの内容ですが、コミカルで可愛らしいデザインに仕上がっています。ステージ毎に体力が最大まで回復するうえ、ステージ内のオブジェクトを壊すことで回復アイテムが出現するので、難易度は易しめでした。操作性も良好で、敵が出現する位置も大まかに決まっているので、何回かプレイしたら十分クリアできるレベルに設計されていました。

オレンジの液体が入った瓶・試験管は回復アイテム。体力が減ってから取ると無駄になりません。

ウェーブクリアで獲得する強化ポーションはステージクリア後に無効化されてしまいますが、ステータスアップを得る機会が多く、どんどんと強化が進んでいく点が楽しいポイントです。ステータスを強化するポーションの代わりにお金を獲得するポーションも出現します。強化を行わずにお金を貯めてショップで恒久アップグレードを購入するか、今のステージを確実に生き残るために強化ポーションを飲むかといった駆け引きを楽しむことができる点も楽しいポイントでした。

このゲームに向いている人・向いていない人

こんな人におすすめ

・シンプルなゲームシステムを求める人

操作性は良好、難易度も優しめなので遊びやすいです。敵の攻撃は単調で、敵の種類やショップのラインナップもプレイ毎に大きな違いがないので、何度か挑んでいると自然とクリアできるようなレベルデザインです。シンプルなゲームを求める人、アクションゲームが苦手な人にはお勧めできるかもしれません。

一方で、以下の人にはおすすめできないです

・リプレイ性を求める人
高難易度アクションを求める人

アイテムや敵の種類が少ないため、ランダム性が低いように感じました。3周しましたがほぼ同じ立ち回りとなったため、様々なプレイスタイルでの攻略やリプレイ性を求めている人にはお勧めすることができないと思います。
また、難易度は普通でアクションゲームが上手い人は直ぐにクリアできてしまうと思います。やりこみ要素も無いため、難易度の高い作品を求めている人にはお勧めできないと思います。

ここに注意!

トロフィーは 10 / 20 / 50 / 100 週プレイするといった実績が用意されていました。やや単調な内容なので100週は現状の内容だと(精神的に)厳しいと思います。
また、バイオーム毎に出現する敵が異なるのですが、3つしか用意されていない点が個人的に残念でした。

類似のゲーム

Juicy Realm・・・ローグライク形式の全方向シューティング。雰囲気は似ている。紹介はこちら

総括

見下ろし型のローグライク×全方向シューティング作品です。主人公の骸骨を操り、計3つのバイオームのクリアをめざします。可愛らしいデザインとシンプルかつ遊びやすい点が高評価で徐々に強化が進んでいく点が楽しいポイントでした。一方で、敵やアイテムの種類、ランダム性ややり込み要素に欠ける点が個人的にイマイチでした。

アクションゲームが得意な人はサクッとクリアして物足りなさを感じてしまうかもしれないので、気になった人は動画を確認の上で、ぜひ遊んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました