クリプト・オブ・ネクロダンサー 音ゲー+ローグライクの悪魔的フュージョンゲーム【レビュー】

ゲームレビュー
ゲームレビュー

こんにちは、ちゃぶ台です。

今回は クリプト・オブ・ネクロダンサー(Crypt of the NecroDancer)という一風変わったリズムアクション+ローグライクのゲームを紹介していきます。 風来のシレンのようなターン制 RPG なのですが、BGM のビートに合わせてターンが自動で経過することが最大の特徴です。リズムに乗りつつ敵の行動に合わせた操作を行う必要があるので、難しいことこの上なしです。

それでは早速紹介していきます。

#本記事は DLC (AMPLIFIED) の要素も含めて記載しております。

概要

タイトルクリプト・オブ・ネクロダンサー (Crypt of the NecroDancer)
対応機種Steam, Nintendo Switch, PS4, IOS 等
価格1480円(Steam), 2200円(Nintendo Switch), PS4(1980円)
プレイ人数1 – 2 人
言語日本語対応
ジャンルローグライク・リズムゲーム・2D アクション
開発元 / 発売元Brace Yourself Games /
[Steam]Klei Entertainment
[PS4/PSVita/iOS/Switch]スパイク・チュンソフト
一言ローグライクとリズムゲームのまさかの悪魔的合体。

ストーリー

プレイヤーキャラクターであるケイデンスが 2年前に “ダンジョンですごいお宝を発見した” と言ったきり、行方不明になった父を探しに行くというお話。
ストーリーはほぼあってないようなものですが、ステージクリア時にストーリーに関連したムービーが流れるので、上記前情報だけ覚えつつムービーを見れば OK!です

こんなゲーム

見下ろし型の 2D ローグライクゲームです。プレイヤーは移動(攻撃)・アイテム使用(ボム・魔法・回復アイテム等)を行います。風来のシレンのようにダンジョンはマスで区切られており、1 ターンに 1 マス移動 or 攻撃できます。通常、この手のゲームではプレイヤーが動いた後に敵が行動して 1 ターンが終了するという流れなのですが、このゲームではBGMの1ビートで1ターンが強制的に経過します。そのため、キャラクターを放置していると敵が近づいてきてボコされることとなります。
BGM に合わせて 画面下の左右両端からノーツが流れてくるので、赤色の心臓に重なるタイミングでアクションしましょう。上手くビートに乗れるとコンボとなり、敵を倒した時に出現するお金が増えます。BGM が終わると次のステージへ強制的に移動させられるので、もたもたしないことも重要です。

ノーツ BGM に合わせて一定間隔で流れてくる。

ストーリー上では 4 つのマップ+ボスマップで構成された 5 つのフロアを攻略することが目標となります。フロアごとに挑戦することができ、死んでしまうとそのフロアの最初から始まります。

敵の行動は全て法則があります。2 ターンに 1 回動く敵、将棋の桂馬の動きをする敵、直線状に突進してくる敵など、敵の行動の法則を見破り個別に対処する必要があります。初期武器では正面 1 マス攻撃ですが、正面 3 方向攻撃や正面 2 マス攻撃などの武器があるので、積極的に落ちている装備を拾っていきましょう。

通常マップでは次のフロアに続く階段の前に、中ボスが立ちふさがるので倒す必要があります。

今回の中ボスはドラゴン、見るからに強そう。

集めたお金はショップで買い物に使用することができます。ショップは各通常マップに発生するため、必要なものはどんどん買い集めていきましょう。コンボボーナスを重ねないと、お金があまり貯まらないので積極的にコンボしたいところ。

黄色い壁がお店の目印。ショップオーナーの美声が好きですw

各ゾーンの最後には強力なボスが待ち受けています。ボスも固有の能力を持っていますが、あくまでも規則に従って動くので、攻撃パターンを特定しましょう。

沢山の雑魚的に囲まれていることも。

また、道中で牢屋に助けられている NPC を助け出し、ダンジョン内に落ちているダイヤを使用することで、キャラクターのパラメーター強化や新アイテムのアンロックを行うことが可能です。

おすすめポイント

・画期的なシステム

やはりビートと共にターンが経過するという仕様が最大の特徴です。2ターンに一度移動するという単純極まりない動作の敵も、上手くリズムに乗れないと一方的に殴られることとなります。
曲数も多く、質が良いのでローグライクゲームとしても音ゲーとしてもクオリティは高いと思います。

プレイ状況は録画されており、クリア時・死亡時に再生することが可能でなので、失敗した際に、問題点や敵の動きを確認することもできます。

・やりこみ要素が非常に多彩

デイリーチャレンジや性能の違うキャラクターでの攻略など、かなりやりこみ要素が多彩です。キャラクターは全員でなんと 15 人!また、ハードモードやデスレスモード等のモードも用意されており、やりこみ要素がかなり充実しております。

超上級者向けキャラも。

苦手な人や思い通りにプレイできない人はバードを使うことをお勧めします。ビートに縛られず行動が可能で、考えて移動・攻撃を行うことができるので、敵の行動やゲーム性を覚えるために役立ちます。

こちらは初心者向けのキャラ

マルチプレイに対応

まさかのローカルマルチプレイに対応しています。友達と一緒にダンジョンに潜ることが可能です。リズムに乗りつつ、連携する必要があるので、更にカオスになります。1人プレイとはまた違った楽しさがあるので、是非協力プレイも遊んでみてください。

リズムゲーだからこそできる、ターン制ローグライクの Coop プレイ

このゲームに向いている人・向いていない人

こんな人におすすめ

・ターン制ローグライク好きの人

風来のシレンやトルネコの大冒険等、ターン制ローグライクを普段から遊んでいる人ほど、このゲームの面白さにハマると思います。じっくり考えることができないので、”はいっ、はいっ、はいっ、あぁーっ!!”となること間違いないです。やりこみ要素も十分なので、極めがいもあると思います。

一方で、以下の人にはおすすめできないです

・試行錯誤やパターンを覚えることが苦手な人

基本的に死に覚えゲーなので、クリアにはある程度回数をこなす必要があります。強いアイテムが引ければある程度ごり押しすることも可能ですが、しっかり考えないとすぐにライフを失ってしまいます。そのため、敵の法則を覚えることが苦手な人には厳しいかと思います。

一応、エントランスには各ゾーンに出てくる敵とのタイマンモードや武器を好きに使ってできるトレーニングモードも用意されております。リトライもサクサクできるので、何度も死んでシステムや立ち回りを覚えていきましょうw

初心者向けの機能も多彩

ここに注意!

風来のシレンやトルネコと違い、1ゲームが非常に短いです。キャラクターや装備を育てるという概念はないので、その点だけは注意が必要です。

PS4 の場合は体験版をダウンロードできるので、悩んでいる方は体験版を遊んでから購入に踏み込みましょう。

類似のゲーム

ケイデンス・オブ・ハイラル: クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説
・・・まさかの本作とゼルダの伝説とのコラボ作品、後ほど紹介予定。

片道勇者・・・制限付き(強制スクロール)のターン制ローグライクという観点でのゲーム。こちらも後ほど記載予定。

総括

リズムゲー×ローグライクという異例の組み合わせが超絶マッチし、非常に面白い作品となっています。死にゲーですが、リトライもしやすく、ついつい何度もプレイしてしまう作品となっています。ローグライク好きにはたまらない作品となっていること間違いないので、是非プレイしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました