Candle 絵本のようなパズルアクション【レビュー】

ゲームレビュー
ゲームレビュー

こんにちは、ちゃぶ台です。

今回は Candle という 2D アクションパズルゲームを紹介します。絵本のようなイラストと見た目に反する高難易度の謎解きがウリのゲームです。造り込みが非常に丁寧で後半からはストーリーも盛り上がってくるため、お勧めできるポイントが多めの作品です。                   

それでは早速紹介していきます。

概要

タイトルCANDLE
対応機種Steam, Nintendo Switch, PS4
価格1480円(Steam),1980円(Switch, PS4)
プレイ人数1人
言語日本語対応
ジャンル2D アクションパズルゲーム
開発元 / 発売元Teku Studios / Daedalic Entertainment
一言登場キャラは大体可愛いです。よく見るとキモイです。
コログ族の友達かな?

ストーリー

主人公<テク>は、火の手があがる自分の村で目を覚ます。
すべてを支配しようとする邪悪な部族<ワクチャ族>に村が襲われてしまったのだ。

ワクチャ族に村人と<シャーマン>が連れ去さられてしまった…その手に炎を宿す特別な力を持ったテクに一族は希望を託した。
奪われた大切な人たちを取り返すのだ。

ワクチャ族が待ち受ける危険にあふれた道を慎重に歩んでいこう。
次の一歩が最後にならないように。

#PS Store より引用

ムービーも壮大で凄いです。

こんなゲーム

サイドビュー形式の 2D アクションパズルゲームとなります。複数のステージを進んで、連れ去られたシャーマンを探し出すことが目的となります。操作は移動・ジャンプ・アイテム使用・火の着火程度とかなりシンプルです。所々ヒントのナレーションは入りますが、それ以外のヒントは一切ないので、基本的に自分で何をするべきか考える必要があります。

絵本の世界の様。真ん中でジャンプしているのがテク。

アイテムが使える場所やアクションが起こせる場所は、全てアイコンが出るため、どこで何をすれば分かりやすいです。炎を付けることで何かを燃やしたり、隠れたアイテムを見つけ出すことができます。

操作説明がとても分かりやすい。

基本的に残機はなく、死にゲーです。天敵の ワクチャ族 に見つかるとすぐに殴り殺されゲームオーバーとなってしまいます。その他にもトラップにやられたり、よくわからない生き物に丸呑みにされたりと様々な死に方を拝むこととなります。死んでも直前のポイントからリトライができるため、リトライ性は高めです。時には敵を罠にかけたり、欺いたりしながら進んでいくこともあります。

背負い投げされたりとびかかられたり、テクは凄く貧弱。
触手や原生生物に食べられることも・・・

よくあるパズル要素や独自のボードゲーム?も出てきます。基本的にはパズル自体は簡単なものが多いですが、ステージ内に隠されているアイテム・ギミックを見つけることに時間を費やすことが多かったように感じました。パズル自体のイラストも凝っていてよいですね。

あるあるパズル。
オリジナルのゲーム(?)、NPCと対戦。

ゲームのウエイトとしてはゲームクリアまで10時間強程度で、 7:3 でパズル重視といったところでした。アクション自体もあまり難しい部分はなく、謎解き部分に難しいものが多い感じです。かなり詰まりながら苦労して進めましたが、サクサク行くと7時間くらいでクリアできるかもしれません。

ちなみに PS4 のコントローラーでプレイしたのですが、火を灯すとコントローラーがオレンジ色で光るという地味な演出が用意されていて少しほっこりしました。

おすすめポイント

・非常に綺麗なイラスト

記載の通り、描き込まれたグラフィックがとても綺麗な作品です。通常のシーンでも葉っぱが舞っていたり動物が走り回っていたりと、アニメーションが多く賑やかさを感じました。それぞれの生物にしっかりと命が吹き込まれており、予想外のハプニングも沢山起こるため、ステージを探検しているだけでもとても楽しいです。(ハプニングには大体死が付き纏いますが・・・)

また、他のキャラクターとの会話は吹き出しの中でアニメーションが再生され、絵だけで表現されます。ややテンポは悪いですが、非常に可愛くて面白いです。

会話の後にはナレーションで内容を補足してくれるので安心。

ただし、情報量の多いイラスト内にヒントやアイテムが紛れていることもかなり多いので、背景や足元をしっかりと観察することをお勧めします。

このゲームに向いている人・向いていない人

こんな人におすすめ

綺麗なグラフィック、壮大なストーリーが好きな人

イラストについては最高レベルだと思います。

また、このゲームは人類が神の逆鱗に触れてしまい、絶滅してしまった後の世界のお話です。序盤から主人公の村が焼き討ちに遭うという重めの話から始まり、後半は世界レベルの規模まで進展していきます。村が襲われた理由やシャーマンが連れ去られた理由なども、綺麗なムービーと共にしっかりと明かされていくため、とても面白いです。

これら二つの要素が気になる方にはお勧めです。

一方で、以下の人にはおすすめできないです

爽快なアクションを求める人
・難しいパズルを求める人

基本的にステルスゲーで敵から隠れつつ、試行錯誤しながらトラップ等を利用して相手を返り討ちにするようなゲームです。若干操作性が悪いことや、リトライが必要となることが多いため、爽快感には欠けるように思います。また、高難易度を謳っていますが、若干理不尽な部分で難易度が上がっているようにも思います。純粋な高難易度のパズルを求めている人にはお勧めできないかもしれません。

ここに注意!

2ステージ目の “Forest” からそんなん分かるかーっといった謎や隠し場所が増えてきます。わからないことがあれば調べてみてもいいかもしれません。基本的にアクションができるポイントは全て攻略に使うと思って疑ってかかることをお勧めします。

ストーリーは後半から一気に進むので序盤~中盤はやや味気ないかもしれません。

賑やかな街が舞台になることも。

類似のゲーム

Rain City・・・アクション要素はほぼないですが絵本のような謎解きゲーム。紹介はこちら

総括

サイドビュー形式の 2D アクションパズルゲームで、手書き風のグラフィックが非常に魅力的な作品です。見た目にそぐわない死にゲー&やや鬼畜ゲーですが、細かい部分の造り込みやストーリーはしっかりしていて面白い作品だと思います。とにかくグラフィックが素晴らしく、探検しているだけで楽しめる作品なので、気になった方は購入してみてください!

(ちなみに私は Steam の 90% OFF セールで購入しました。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました