ケイデンス・オブ・ハイラル ゼルダの伝説まさかの音ゲー!?【レビュー】

ゲームレビュー
ゲームレビュー

こんにちは、ちゃぶ台です。

今回は ケイデンス・オブ・ハイラル: クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説というゲームを紹介していきます。名前の通り、以前紹介したクリプト・オブ・ネクロダンサーとゼルダの伝説のコラボ作品となります。両作品の良いとこ取りの作品となっており、どちらかの作品しか知らない人でも十分に楽しめる作品なので、やったことある人はプレイしてみてください。

クリプト・オブ・ネクロダンサーの紹介記事はこちら

それでは早速紹介していきます。

概要

タイトルケイデンス・オブ・ハイラル: クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説
対応機種Nintendo Switch
価格2980 円
プレイ人数1-2人
言語日本語対応
ジャンルリズムゲーム、2D アクション、ローグライク
開発元 / 発売元Brace Yourself Games / スパイク・チュンソフト (日本) Nintendo (日本以外)
一言音ゲー×ゼルダの奇跡のコラボレーション

ストーリー

オクターヴォという音楽家が平和なハイラル王国の支配を企みます。オクターヴォはトライフォースの力が宿る楽器、「黄金のリュート」を用いてハイラル国王やリンク、ゼルダなどを眠らせます。トライフォースの力によって異世界からケイデンスが召喚されて、ケイデンスとリンクはハイラル王国を守るために旅立つのでした。

こんなゲーム

プレイヤーはリンクを操り、ゼルダの伝説の世界を探索していきます。マップ内のフィールドは全てマス目状に区切られており、1 ターン毎に 1 マスずつ移動していきます。普段のゼルダの伝説では攻撃ボタンで剣を振って敵を攻撃しますが、本作では敵のいるマスに移動することが剣での攻撃となります。ターンは音楽にビートに合わせて経過していきます。画面両端から流れてくるビートが真ん中に来たタイミングで1ターンが過ぎるため、タイミングよく行動する必要があります。プレイヤーが行動しなくてもターンは経過するため、止まっていると音楽に合わせて勝手にターンが過ぎて敵が襲ってくることとなります。

ブロックや切り株などいつものハイラルの世界が舞台

文章だけでは分かりにくいと思うので動画を撮ってみました。

ゼルダの伝説の世界が舞台というだけあって、アイテムは豊富に準備されています。装備にはクリプト・オブ・ネクロダンサーで登場した松明や靴、スコップ等に加えて、お馴染みの爆弾・ブーメラン・弓矢などのお馴染みのアイテムが沢山出現します。もちろん、これらのアイテムを用いた謎解き要素も沢山用意されており、リズムに合わせて謎が解けた時にはテンションが上がること間違いなしです。

マップは下図のように広めです。しかも、このマップとは別に家や地下、洞窟やダンジョンも存在するので、かなり広大に感じます。
なお、敵がいない(敵を倒していなくなった)マップではビートに縛られずに移動することができます。また、フィールドの至る所にワープゾーンが存在するため、広いですがストレスなく移動できます。

マップから中ボスや宝箱・ハートの欠片等の位置を確認可能

マップ内の敵を全滅させる等、特定の条件を満たすことでクリスタルを拾うことができます。消費アイテムやルピーはリンクが倒れた時に落としてしまいますが、クリスタルは落とさないので、復活後にクリスタルと強化アイテムや消費アイテムを交換することができます。そのため、死んでしまってもすぐにまた死んでしまうということは起きにくいです。

ストーリー上、ボスとの戦闘も用意されています。強敵ですが、倒すことでハートの器をゲットして体力の最大値を増やすことが可能です。

おすすめポイント

・ゼルダの伝説の良いところを全て押さえている

最高の音楽・豊富なアイテム・いつものキャラクター・謎解きといったゼルダの伝説の長所をしっかりと抑えつつ、クリプト・オブ・ネクロダンサーの音ゲー要素をうまく取り込んでいます。ストーリーや細かいシステムも過去のゼルダの伝説の作品を踏襲しており、違和感もストレスもなく遊ぶことが可能です。

見覚えのあるキャラクターも

・やりこみ要素も豊富 & COOP プレイも対応

最初はリンクを操作しますが、ストーリーが進むと他のキャラクターも使えるようになります。それぞれのキャラクターには固有の特殊能力や攻撃があるため、プレイスタイルに合ったキャラクターを選ぶことができます。更にストーリークリア後のお楽しみ要素や難易度が上昇するやりこみ要素も用意されており、やりごたえ十分な作品となっています!

更には 2P での COOP プレイに対応しております。下記のように 2 人でストーリーの攻略に挑むことができるので、是非家族や友達と遊んでみることをお勧めします。

リズムを取りながら連携を取るのは難しいです・・・

更に更に、売り上げも好調で、追加のキャラクターや音楽が含まれる DLC も販売されています。本作にはまった方は是非購入してみてください。

このゲームに向いている人・向いていない人

こんな人におすすめ

・2D 形式のゼルダの伝説が好きな人

流石に 3D のゼルダの伝説とは色々と異なりますが、2D のゼルダ好きであれば間違いなくお勧めできる作品です。ゲームシステムは違えど、マップやお馴染みのアイテムや音楽、謎解きはいつものゼルダそのもので、特に初代ゼルダや夢を見る島、神々のトライフォース等が好きな人にはお勧めできる作品です。

一方で、以下の人にはおすすめできないです

・がっつりとしたローグライクを求める人

クリプト・オブ・ネクロダンサーよりもローグライク成分は少なめです。マップは自動生成ですが、死んでもルピーを失うだけとほとんどデメリットはありません。がっつり進行状況が戻されるといったこともないため、やや緊張感に欠けるように思います。また、運要素も少ないため、ランダム性を求める人には少し合わないかもしれません。

ここに注意!

体力の最大値がどんどん増えたり、回復アイテムが手に入りやすい関係上、難易度としてはあまり高くないように感じました。

体験版が公開されているので、興味がある方はまずは体験版で遊んでみましょう。

類似のゲーム

クリプト・オブ・ネクロダンサー・・・本作の元になったローグライク×音ゲーの作品。紹介はこちら

総括

ゼルダの伝説 × クリプト・オブ・ネクロダンサーのまさかのコラボということで話題になった作品です。十分に練りこまれたゼルダの伝説の世界を舞台に、画期的かつ中毒性の高いクリプト・オブ・ネクロダンサーのゲーム性が組み込まれた作品となります。互いの持ち味を活かし、どちらの作品のファンも十分に楽しめる作品なので是非遊んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました