Battletoads カエル衆達のハチャメチャアクション【レビュー】

ゲームレビュー
ゲームレビュー

こんにちは、ちゃぶ台です。

今回は Battletoads という 2D アクションゲームの紹介を行います。1993年にイギリスのレア社より発売されたシリーズ作品の最新作で、日本では27年ぶりの新作となります。当時から好評となっていたベルトコンベアー形式のアクションと綺麗なアニメーション、シュールな展開ウリの作品です。3人で遊ぶことができる貴重な作品なので気になった人は是非覗いてみてください。

それでは早速紹介していきます!

概要

タイトルBattletoads(バトルトード)
対応機種Steam, XBOX
価格2,350円
プレイ人数1-3人
言語日本語対応
ジャンル2D アクション
開発元 / 発売元Dlala Studios / Microsoft Studios, Rare Ltd
一言正直 Rare 社には他に制作してほしいゲームが山ほどあるのですが・・・

ストーリー

バトルトードの3人(ラッシュ、ジッツ、ピンプル)を操り、悪者を成敗するお話。前作までの敵だったダーククイーンとも協力をして宇宙の危機を救いに行こう!

(ストーリー部分は日本語字幕に対応しておらず、シナリオを全く汲み取れませんでした・・・)

ストーリーは基本的にアニメで進行します。お金かかってます。

こんなゲーム

サイドビュー形式の 2D アクションゲームです。バトルトードの3人(ラッシュ、ジッツ、ピンプル)を操り、悪者の成敗を行います。本作は通常のベルトコンベアー形式の戦闘と様々なミニゲームが混ざった作品です。それぞれについて簡単に解説します。

■ベルトコンベアーアクション

ベルトコンベアー形式のアクションでは、出現する敵を倒して全滅させながら先に進んでいきます。操作は移動・ジャンプ・通常攻撃・必殺技・舌を使った敵の引き寄せや軸の移動などがあります。イメージは掴み・装備・アイテムの無いくにおくんシリーズといった感じで、敵の位置と軸を合わせながら敵に攻撃を当てていきます。

攻撃はリーチが長く、繰り出しも早いので当てやすいです。
謎の変身で敵に大ダメージを与える必殺技など、ハチャメチャな乱闘です。
舌を使って敵を引き寄せたり背景の軸に移動することができます、凄く器用ですね。

道中には簡単なミニゲームやパズルゲームが用意されています。みんなで協力するもの、各プレイヤーが個別にトライするものが用意されていますが、全体的に難易度は優しめです。閃き力が必要な物、瞬発力が必要なもの等、バラエティに富んだ構成となっているため、3人で盛り上がることができます。

箸休め的なパズルゲーム

体力がなくなって倒れてしまっても一定時間内であれば、他のプレイヤーが近寄って救出することで復活することができます。また、全員が同時にやられない限りミスにはならず、救出が間に合わなくても、一定時間経過することで復活することができます。

やられてしまっても味方が助けてくれる!

一部のステージにはボスが待ち受けています。敵の攻撃がド派手で攻撃範囲が広いので声を掛け合いながら回避して攻撃するタイミングを計りましょう。仲間がやられてしまった時に自分だけで生き残って復活までの時間を稼ぐのか、ダメージ覚悟で仲間を助けるのかの駆け引きが難しく、戦いがいがありました。

■その他ミニゲーム

ミニゲームには 2D アクションやシューティング、障害物を避けるゲーム等様々なものが用意されています。数分で終わるものや 10 – 20 分以上クリアに要するもの等、ミニゲームの中にもかなり格差があるように感じました。特に下記の3つはかなり造り込まれていたので楽しめました。

ジャンプやパズルがメインの2D アクションゲーム。やや初見殺しが多く、リトライしながらクリアを目指す。
骨のあるシューティングゲーム。1人が自機の移動を、残り二人がショットの砲台を担当する
自動的に前進するマシンに乗って、壁や穴の障害物を避けまくる。

ステージ内には収集要素として金色の謎のオブジェクトが配置されています。分かり辛い所や取り辛い所に配置されていたり、簡単なパズルを解くことで入手出来ます。各ステージ毎に○○分いないでクリアといったミッションが設定されており、ミッションをクリアすることでも入手できるので、やりこみ要素として楽しむことができます。

背景に紛れ込むオブジェクトを舌で引き寄せる図

本シリーズは以前は激ムズ作品として悪名が高かったのですが、本作はオタマジャクシ・カエル・バトルトードの三つの難易度から選択が可能です。3人でカエルの難易度で遊びましたが、アクションゲームが上手い人が 1 – 2人いれば何とかクリアできるレベルだと思います。

全部で 25 ステージですが、中には 1-2分で終わるようなステージもあり、全部クリアするまで 5-6 時間程度でした。

おすすめポイント

・少しおバカなカエル達

全体的にシュールでツッコミどころ満載の作品です。

戦闘シーンではゲームセンターの筐体を出現させて攻撃する、ミイラになって棺桶を取り出して攻撃する、口からチューインガムを吐き出して敵を行動不可にするなど全体的に意味不明なユニークな攻撃方法が目立ち、戦闘を盛り上げてくれます。意味が分からない攻撃が多数あるものの、全体的に技の出が速くリーチも長いので、攻撃を畳みかけることができます。仲間と謎の攻撃でコンボを繋げて爽快感を感じたり、ギリギリのところで味方を救って窮地を脱したときに達成感を感じる等、アクションゲームとして普通に楽しむことができました。

ミニゲームもゲーム性自体はありふれたものばかりですが、どこかシュールで笑ってしまうようなものが多く楽しめます。一部ミニゲームの質の低さとアニメーションのクオリティが高さのギャップに、始終困惑しながらも、なんだかんだ最後まで楽しみながら遊ぶことができました。

キャラクターのポーズと角度を一致させてシルエットに合わせるミニゲーム
壊れた PC を叩いて治すミニゲーム

このゲームに向いている人・向いていない人

こんな人におすすめ

・3人で遊ぶゲームを探している人

3人で協力して遊ぶことができる貴重な作品です。難易度を選択できたり、ミスしても復活することができるため、初心者から上級者まで楽しめる作品になっています。全体的に軽い軽いノリで進んでいくので、3人で楽しくワイワイ遊びたい人には向いていると思います。

一方で、以下の人にはおすすめできないです

1人で本作を遊ぶ予定の人
・ベルトコンベアー形式のアクションをメインで楽しみたい人

本作は 1-3 人でのプレイが可能ですが、協力して謎を解いたり、交互にミニゲームにトライするようなパーティーゲーム寄りの作品です。1人で遊ぶと味気なくなってしまうので、是非友達とプレイすることをお勧めします。

キャラクターの切り替え時には周りの敵を攻撃してくれる

また、ベルトコンベアー形式のアクション部分は全体を通して 3 割程度とかなり少なめです。ベルトコンベアー形式のアクションゲーム目的で買うと肩透かしを喰らうかもしれません。

ここに注意!

また、私がプレイした XBOX 版では日本語の字幕がゲームシステムや一部のセリフにしか対応しておらず、シナリオの殆どが字幕なしで進みました。英語が流暢で聞き取りにくいため、余程英語が得意でない限り、ストーリーの把握は難しいと思います。ストーリーもコミカルな要素が多く、ムービーも長めなので、ストーリーに期待している人で英語が苦手な人には向いていないかもしれません。

また、値段の割にボリュームはやや少なく感じました、アニメーションに予算を割かれたのかもしれないですね。

類似のゲーム

くにおくんシリーズ・・・国産のハチャメチャベルトコンベアー形式のアクションゲーム。戦闘の雰囲気は似ている。

総括

サイドビュー形式のベルトコンベアーアクションにシューティングや 2D アクション等、様々なミニゲームが追加された作品です。アニメーションのクオリティや戦闘シーンはクオリティが高く楽しむことができましたが、ミニゲームはユニークではあるものの、ゲーム性自体はありふれた数合わせのようなものが多く少し残念でした。ゲームのボリュームも値段の割にはやや少なめなので、動画を見たうえで気になった人は購入すると良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました